1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. イスタンブール ~アジアとヨーロッパの架け橋~
  4. トルコ » 
  5. イスタンブール ~アジアとヨーロッパの架け橋~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

イスタンブール ~アジアとヨーロッパの架け橋~

「ついに俺もここまで来たか・・・」
東アジアからユーラシア大陸を東から西へと横断してきた旅人は、アジアとヨーロッパの境である、ボスボラス海峡を目の前につぶやくことだろう。
「深夜特急」の著者・沢木耕太郎も、そう心の中でつぶやいたはずだ。


僕はユーラシア大陸を横断してきたわけではない。
紅海から中東を北上してきた。
それでも、この町の景色は感慨深い。
僕の、中東の旅のゴールだからだ。


トルコは中東とは言わない。
ではヨーロッパなのか。それともアジアなのか。
国民の90%がイスラム教徒、EU非加盟国、サッカーW杯予選は欧州で戦い、欧州選手権にも出場する。
正式なところはわからない。
ヨーロッパでもアジアでもない、“トルコはトルコだ”と言った人もいる。


アジアとヨーロッパの境、ボスボラス海峡を挟んでアジアとヨーロッパにまたがるトルコ最大の都市。


イスタンブール

ボスボラス大橋
DSC09629.jpg

旧市街側から新市街を望む
DSC09604.jpg
最初はビザンチウムという名がつき、次に、東ローマ帝国の首都コンスタンチノーブルと名を変え、その後、オスマントルコ帝国の首都として、イスタンブールという都市名になった。
1922年に首都はアンカラに移されたが、今もなおトルコの経済と文化の中心地である。

イスタンブールの町は、海峡と湾で、大きく3つの地域に分かれている。
ヨーロッパ側とアジア側をボスボラス海峡が東西に分け、さらにヨーロッパ側は、金角湾を挟み、北に新市街、南に旧市街と分かれている。

主な見どころやホテルは、新市街・旧市街に集まっており、街並みを楽しめるのも、この2つの地域。
この2つの地域をメインにイスタンブールを観光してみた。



旧市街
DSC09421.jpg


トプカプ宮殿
15世紀から19世紀まで、約400年間、オスマン・トルコ帝国の歴代スルタンの居城として使われた。
70万㎡という広大な敷地内には、ひとつの町ができていたとのこと。
一番の見どころっぽい雰囲気の場所だったけど、入場せず。高いし。
外から中見えないので、写真なし!


アヤソフィア博物館
DSC09436.jpg
トプカプ宮殿のすぐ前に位置する巨大な赤色の聖堂。
360年に初めて建設されたが、何度も焼失や破壊により建て直され、ギリシア正教の総本山として栄えた時代もあったが、15世紀にジャーミィに変えられ、イスラム寺院となった。
現在は博物館として一般公開されている。
ここは外から写真撮れるから、それで満足。


スルタンアフメットジャーミィ
DSC09440.jpg
アヤソフィア博物館と向かい合うように建つ、イスタンブールを象徴する青のイスラム寺院。
通称ブルーモスクと呼ばれる。
直径30m近い大ドーム、4つの副ドーム、6つのミナーレ(尖塔)を持つ、豪華な寺院。
これまで見てきたイスラムのモスクは、尖塔はたいてい1本。多くても左右に2本だった。
ここも外から十分外観を楽しめるため、遠めに眺めて写真パシャ。


ガラタ橋
DSC09483.jpg
新市街と旧市街を結ぶ橋。
橋の上ではおじさんたちが並んで釣りをしている。
橋の近くでは、屋台が並び、人々で賑わっている。


イェニ・ジャーミィ
DSC09599.jpg
ガラタ橋のすぐそばにあるジャーミィ。
このジャーミィもドームの大きさのバランスがよく美しいと言われている。
トルコのイスラム寺院は、このように派手で尖塔が複数本あるものが多い。


グランドバザール
DSCF0059.jpg
DSCF0057.jpg
15世紀から続く、屋根つき市場。
その規模は中東最大とも言われる。
確かに広くて迷いそうになった。




新市街
DSC09512.jpg
DSC09501.jpg
DSC09496.jpg
完全に現代的な都会の街並み。
行き交う人々のファッションを見ても、垢抜けているし、女性は頭を隠してない人ばかりだし、イスラム圏とは思えない。
もはや、ここはヨーロッパだと思う。
新市街は、ショッピングを楽しんだり、カフェでまったりしたり、スウィーツを食べ歩いたりするような雰囲気。


イスタンブールはすぐに離れる予定だったが、僕がこの先入国予定のインドのビザが、安く早くお得な条件で取れるため、申請することにした。
4日ほどビザ待ちして、そのあと、中東を離れます。




ブログ村のランキングに参加しています。
よかったらクリックお願いします!
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーサイト

Comment

ありがとうございます。

>江東区大島さん
豚インフル、フィーバーしているようですね。
風邪のように感染することもあると最近知り、ちょっとビビるようになりました。
僕、ミーハーじゃないので・・・

  • りょーじ [#-] |
  • URL |
  • 2009 05/17 (Sun) 10:32
No Title

中東の旅ご苦労様です!

豚インフルエンザの話題が日本では人気だよ。

インドでりょうじも人気にあやかってみれば!?

  • 江東区大島 [#-] |
  • URL |
  • 2009 05/15 (Fri) 18:02
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://ryooz.blog116.fc2.com/tb.php/94-107a304f この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

原田 諒二                                     (はらだりょ-じ)

Author:原田 諒二 (はらだりょ-じ)
あの海の向こうには何があるんだろう?
どんな人たちがいるんだろう?
そんな単純な想いを胸に
いろんなものを見て
いろんな人と触れ合う旅の
真っ最中!!

2008年10月21日 世界一周出発

2009年9月28日 帰国

2015年1月2日 世界二周目に出発!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。