1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. シリアに知り合いはいません。 
  4. シリア » 
  5. シリアに知り合いはいません。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

シリアに知り合いはいません。 

現在、シリアビザの国境取得が微妙な状態との情報を他の旅人からもらっていた。
もともと、シリアビザの国境取得の可否は流動的と言われていたが、最近はほとんどの旅行者が国境で取得できていると聞いていた。
しかし、アンマンからシリアに向かったが、ビザがもらえずアンマンに戻ってきた旅行者が何人かいたと聞いていた。

イスラエルに続き、またまたドキドキの国境越え!
「シリアにシリアイはいるか?」とか聞かれるのかな?


と思ってたら、難なくシリアINに成功。


で、ダマスカス到着。
ダマスカスには、人を“だますカス”がいるとかいないとか。
気をつけねば・・・!


ダマスカス
DSC07905.jpg
DSC07907.jpg
人口約200万人のシリアの首都。
約4000年前から貿易の中継都市として栄えた古く歴史ある街。
建物を見るだけで、その歴史の古さを感じられる。


ダマスカスの見どころは、旧市街。
城壁に囲まれた街だ。
DSC07864.jpg
城壁を入っていくと、天井付きの、広く長い商店街が続く。
DSC07870.jpg
日本の屋根がついている商店街に似ている。

ここで、日本語を勉強をしているシリアの大学生に出会う!
こいつか!?
ダマスカスで、人をだますカスは!!
と思ったら、勉強を含めて、ただ話がしたかったらしく、無料でガイドをしてくれた。


ウマイヤド・モスク
DSC07879.jpg
イスラム教、第4の聖地。
旧市街内で一番賑やかな場所。
巡礼者や観光客が溢れている。
DSC07892.jpg

モスク内には聖ヨハネの首が納められていると言われる神殿がある。
DSC07887.jpg

モスク内では、メッカの方に向かい祈っている人びとがいる。
DSC07888.jpg


無料ガイドのシリア学生は、その後もガイドを引き受けてくれようとしていたが、残念ながら、案内してもらいたいところが特になく、撤収していただくことに。
ダマスカスは、名所を楽しむというよりは、旧市街のスークを歩いて雰囲気を楽しむところだと感じた。




ダマスカスでは韓国人宿に宿泊。

韓国人宿と言っても、公式に認められている宿ではなく、外に看板などはないが、ドミトリールームやダブルルームが用意されており、行けば日本人も快く泊めてくれる。

僕はこの旅で韓国人の優しさにとても感動した。
日本人同様、韓国人のバックパッカーも多い。
彼らは、いつもとてもフレンドリーで親切に接してくれる。
中には日本語を話せる人も多かった。
そんな気持ちもあり、この宿に泊まることに決めた。

この日は、韓国の大手電機メーカーLGのシリア駐在員の人たちが6人来ていて、お酒の席に一緒に混ぜてもらった。
乾杯をして、少し談笑した後は、日韓カラオケ大会!(なぜかカラオケの機械があり日本の歌もあった)
DSC07859.jpg
韓国人おっちゃんの演歌に手拍子をし、一緒にいた日本人バックパッカーが入れた「リンダリンダ」で、軽く飛びはねておいた。


ついでに、旅中によく耳にする韓国人男性についての話
・韓国人男性は日本人男性に比べ、女性に対してかなり紳士的。(日本人女性がよく言ってる)
・韓国人男性は兵役があるため日本人男性より精神的に強い(日韓以外の国の人でもそう言う人がいるらしい)


日本男児諸君、負けてられんですぞ!
ま、とりあえずは、WBC勝ったからいっか。

料理もおいしい、人もいい、日本から近いし、ウォンが安い。
韓国行くのもいいなぁ~!!


さて、話をシリアに戻して、次はパルミラ遺跡を観に、シリア東部へと移動します。




ブログ村のランキングに参加しています。
よかったらクリックお願いします!
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://ryooz.blog116.fc2.com/tb.php/87-f694faaa この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

原田 諒二                                     (はらだりょ-じ)

Author:原田 諒二 (はらだりょ-じ)
あの海の向こうには何があるんだろう?
どんな人たちがいるんだろう?
そんな単純な想いを胸に
いろんなものを見て
いろんな人と触れ合う旅の
真っ最中!!

2008年10月21日 世界一周出発

2009年9月28日 帰国

2015年1月2日 世界二周目に出発!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。