1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. ペトラ ~薔薇色の都市~
  4. ヨルダン » 
  5. ペトラ ~薔薇色の都市~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

ペトラ ~薔薇色の都市~

ヨルダン一の有名観光地、ペトラ。
紀元前4世紀頃から遊牧民のナバタイ人やベドウィンによって王国が作られ、隊商の中継都市として、繁栄していた。

ペトラは1日で見終わらないほど広い。

とにかく歩く。
1kmほど歩くと、シークと呼ばれる両側を巨大な岩に囲まれた細長い道が現れる。
巨大な岩が真っ二つに裂けてできたような道だ。
P4014312.jpg
P4014317.jpg
道は左右に曲折しているため、道の先は岩に隠されてなかなか見えない。
冒険心がくすぐられる、遺跡のプロローグにふさわしい道だ。
この奥の細道に導かれるように進むと、ついに終点から光が見え始める。
P4014326.jpg

その先に現れたのは・・・


エル・ハズネ
P4014328.jpg
「インディアナ・ジョーンズ~最後の聖戦~」の舞台にもなった、ペトラを象徴する遺跡。
この建物の上に乗っている壺の中に宝物があると言われていたことから、宝物殿とも呼ばれる。
P4014334.jpg
朝早く遺跡に入ったので、先に奥まで見て太陽が昇ったら、また戻ってこようと考えた。

先に進むと、他にも巨大な遺跡が目の前に立ちはだかる。

王家の墓
P4014538.jpg

宮殿の墓
P4014524.jpg
P4014514.jpg
岩と遺跡が一体化している。

凱旋門
P4014355.jpg
ペトラは551年の大地震で内部の遺跡の多くが崩壊してしまった。
凱旋門のまわりにも、たくさんの建物があったのだが、今はほとんどが崩れ原型を留めていない。
P4014364.jpg
大判焼きみたいのが、転がってたりする。


ペトラは本当に広く、一番奥のエド・ディルという神殿遺跡までは一時間ほど岩山を登っていく。
P4014483.jpg
日光の強さによる暑さと、激しい乾燥が、山道をよりハードにさせる。
遺跡内では、ドンキーによるタクシーサービスがあり、多くの旅行者が利用している。
P4014488.jpg
このサービスのすごいところ、それは、付き添いのドンキー飼いが、ドンキーを導きながら、横で歩いていくこと。
このハードな道を1日に何往復もするのかと思うと、気が遠くなる。

このようにハードではあるけれども、ペトラの良さは、この“遺跡だけではないところ”にあるのだと思う。
奇形な岩々と、迫り来るような岩山群、それと調和している神殿遺跡。
それこそがペトラだ。
P4014490.jpg
P4014510.jpg


ドンキーたちと競り合いながらなんとか目的地に着く。


エド・ディルにて
P4014471.jpg
高さ45m、幅50mの巨大神殿遺跡。
一世紀半ばに建てられたナバタイ人の神殿。

遠景
P4014460.jpg
近景
P4014402.jpg
この神殿のさらに奥には、すぐに登れる小高い岩山がたくさんあり、ペトラの周辺を、見渡すことができた。
P4014415.jpg
それぞれの谷の上にはお土産が建っている。
ここの店の人は、ここで暮らしているようだ。

谷からの景色。
P4014435.jpg
山と砂漠しか見えない・・・(見づらいけど山の向こうは砂漠)
まったく隊商はなんてところを通ってたんだ・・・

広いし疲れるし2日券があるのも納得。

また、ペトラは、陽のあたり具合や天候で、様々な色の変化を見せる。
一日に50もの色の違いを見せると言われ「バラ色の都市」とも呼ばれる。
その、バラ色の都市の象徴と言われるのが、前半に紹介した、インディアナジョーンズにも出てきたエル・ハズネだ。
エルハズネは岩に囲まれた場所にあるため、日照時間が短い。
この日は朝一で行ったため、まだエル・ハズネに陽が当たっておらず、先に一番奥にあるエド・ディルを目指した。
そして、エル・ハズネに陽があたる頃に戻ったが・・・

がび~ん
P4014573.jpg
陽が当たってない~

ちょっと明るくなっても・・・
P4014574.jpg
確かに様々な色を見せるのはわかるが・・・
P4014545.jpg
遅かった・・・
すでに太陽は通り過ぎていた・・・

ペトラの鮮やかなバラ色を見ることはできず、トボトボと徒歩で帰りました。トホホ・・・



ブログ村のランキングに参加しています。
よかったらクリックお願いします!
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーサイト

Comment

ありがとうございます!!

>じゅりさん
ほんとに昔の人はすごい・・・!!
どこの遺跡でも感じているけど、ペトラは特にそう思います。
そうとうな時間と労力、人数をかけているんだろうけどアンビリーバボオです。
岩の硬さは、そりゃもちろん「カッチカチやぞ」。

  • りょーじ [#-] |
  • URL |
  • 2009 04/28 (Tue) 20:44
No Title

凄いすご~ぃ!!!
インディアン・ジョーンズだ!!w
綺麗だなぁ・・・芸術だねぇ~
よく岩をあんなに綺麗に削っていったよねぇ~
だって、硬いわけでしょ?
軟らかかったら何世紀ももたないでしょ??
どんな岩(土)やぁ~

  • じゅり [#-] |
  • URL |
  • 2009 04/28 (Tue) 17:13
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://ryooz.blog116.fc2.com/tb.php/86-eadead21 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

原田 諒二                                     (はらだりょ-じ)

Author:原田 諒二 (はらだりょ-じ)
あの海の向こうには何があるんだろう?
どんな人たちがいるんだろう?
そんな単純な想いを胸に
いろんなものを見て
いろんな人と触れ合う旅の
真っ最中!!

2008年10月21日 世界一周出発

2009年9月28日 帰国

2015年1月2日 世界二周目に出発!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。