1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 死海 ~死の海で甦るお肌~
  4. ヨルダン » 
  5. 死海 ~死の海で甦るお肌~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

死海 ~死の海で甦るお肌~

アンマンに戻ってきた。
ここからシリアを経て、トルコのイスタンブールまで北上していく。

あっ~と、その前に忘れちゃいけない場所が!!


死海
IMG_0279.jpg
海抜マイナス410m(世界一海抜が低い)
塩分濃度が30%と非常に高く、生物が生息できないことから、「死海」と呼ばれる。
死海の海水は、通常の海水の20~30倍ものミネラル分を含んでおり、老化防止、アトピー、乾燥肌など様々なお肌の悩みに効用を持ち、また、死海の海水や泥には、汚れを吸収して除去するはたらきもあり、スキンケア商品として、全世界から注目されております。

さらに、その特殊な海水の成分によって、ただ海に入るだけで体が浮く、溺れることのない海だ。
カナヅチのアナタでもここなら大丈夫!!


ほら、浮いちゃう。
IMG_0181.jpg
新聞だって読めちゃうんだから。
おかげで顔が日焼けで真っ黒。

浮いて浮いて、先日までやってたスキューバダイビングなんてできない。
塩分だけでなく、鉱分も非常に高いため、口に入るとしょっぱいというか、苦い。
鼻に入ると痛い。
目に入るとしみる。

ジタバタせず、ただのんびり浮いているのが死海の楽しみ方。


それじゃ刺激が足りないという、ちょっぴり大人なアナタには、こちらの楽しみ方がおすすめです。
IMG_0179.jpg
泥で固めたような男です。
(先ほどの写真の黒さは、もちろん日焼けによるものではありません。)


地元民も・・・
IMG_0278.jpg
ヨルダン人のたしなみのようです。


ドロンズ
IMG_0258.jpg
真ん中の彼には負けました。
ヨルダン人もなかなかやるな・・・。


・・・というわけで、今回は、泥にまみれて、ドロンします。



ブログ村のランキングに参加しています。
よかったらクリックお願いします!
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://ryooz.blog116.fc2.com/tb.php/85-1e4460b1 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

原田 諒二                                     (はらだりょ-じ)

Author:原田 諒二 (はらだりょ-じ)
あの海の向こうには何があるんだろう?
どんな人たちがいるんだろう?
そんな単純な想いを胸に
いろんなものを見て
いろんな人と触れ合う旅の
真っ最中!!

2008年10月21日 世界一周出発

2009年9月28日 帰国

2015年1月2日 世界二周目に出発!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。