1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. イスラエル入国物語 ~ノースタンプでフィニッシュ!?~
  4. イスラエル » 
  5. イスラエル入国物語 ~ノースタンプでフィニッシュ!?~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

イスラエル入国物語 ~ノースタンプでフィニッシュ!?~


イスラエルというと、危険なイメージを持っている人が多いはず。
突然、イスラエルに行くと言い出す人がいたら、コラコラと、慌てて止めるだろう。
僕も、出発前はそういうイメージだけだった。

実際、イスラエルでは最近も、パレスチナ自治区であるガザ地区への空爆などが起こっており、周辺国との関係も悪く、非常に危険な国には変わりない。
しかし、危険な場所は、一部の地域に限られ、観光客や一般の外国人が毎日、この国の国境を往来している。
ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地、エルサレムがあることが大きな理由だ。


そんなイスラエルは、旅行者の中では、少し変わったことでも有名。
何が有名なのかというと、入国スタンプだ。
イスラエルは、皆さんご存知の通り中東諸国と仲がよろしくない。
パスポートにイスラエル入国スランプがあると、入国を拒否する国がいくつかあるのだ。
シリア、レバノン、イエメン、パキスタンなどだ。

よって、イスラエルに行った後はこれらの国にいけなくなってしまう・・・
のだが、実は行っている旅行者は多い。というより、ほとんどの旅行者は行っている。

それはなぜか。
皆、イスラエル入国の際に「スタンプ押さないでぇ~!」とお願いしているのだ。
すると、パスポートではなく別紙にスタンプを押してくれる。(キングフセイン橋の国境に限る)
とはいえ、この成功率は100%ではない。
たまにお願いしているのにも関わらず押されてしまう不運な旅行者もいるのだ。
押されてしまったら仕方がない。
そのパスポートでは上記の国に入国できない。

僕は、今後、シリア、レバノン、パキスタンに訪問する予定なので、スタンプをもらったらアウトだ。

そんなドキドキ、イスラエル入国審査へ、いざ出発!
果たして僕に下される“最後の審判”はいかに・・・!

キングフセイン橋を越え、いよいよイミグレーションへ。

まず、荷物をX線に通し、見たことない機械に入り、“謎の空気プシュ検査”(スピード証明写真機くらいの大きさの機械に入り、頭から足下まで、両側から全身に空気をプシュっとかけられる)。
謎の空気プシュ検査をクリアし、イミグレーションの列に並ぶ。

イスラエルは女性も兵役のある国。
しかし、さすがに前線に女性を送り込むことはなく、女性はイミグレーションなどの事務的な任務に就くことが多いようだ。
そして、イスラエルに行ってきた人たちの間では、このイミグレーションの女性たちは、美女軍団と評判。
美人のお姉さまにお願いするのなら、悪くない気もするが・・・
・・・実際はあんまり笑えない。
確かに美女がいるが、そんなことより、「ノースタンプ、プリーズ」で必死。

そして、プライド高そうな美女から、次々と質問が飛んでくる。
他国では質問されないことも聞かれる。

「なぜイスラエルの入国スタンプを押してはいけないの?」
「トルコに行くからです」
「飛行機で行けば問題ないでしょ?(押すわよ?という目つき)」
「いや、そ、その前にシリアを通るからです」
「なぜ?」
「観光です。それと、お金がないので陸路で行きたいのです。」
すぐに、答えのスキをついてくる。


「イエメンにはなぜ行ったのか?」
「観光です」
先に上で挙げた、イスラエルの入国記録があると、入国拒否をするイスラムの国々。
その国々への入国記録があると、イスラエル入国の際に、別紙を記入し待たされ、時間がかかると聞いていた。
僕はイエメンへの出入国の記録があるので、長時間は覚悟していた。
そして案の定、別紙長時間コースへ。


その後、アヴリルラヴィーンみたいな姉ちゃんに、裏へ2度ほど呼び出しを食らって、イスラエル滞在について、また簡単な質問をされる。
公の機関なわりに、髪型や服の着こなしはある程度、自由なようだ。
空気プシュ検査のところにいた係員の兄ちゃんは、スパイラルパーマにカチューシャをしていたし、ズボンを落として穿く、いわゆる“腰パン”をしている女性係員も多く見た。

そして・・・また呼び出し。
今度は、入国スタンプを片手に持った、笑顔の素敵な清純派美女が待つ窓口。
ついに最後の審判のときだ。
こんな清純派美人に押されるなら・・・
いやいや、まずい、まずいぞ。


「ノースタンプ?」
と、Sな笑みを浮かべながら聞いてくる。
「イエス!!イエス!!」
・・・おもしろがってやがる。
かわいい顔して、からかいやがって・・・
そういうの嫌いじゃないけど。


「OK!」と言って、清純派の右手が振り下ろされる。
・・・バチン!!(スタンプ音)


見事別紙にスタンプ!
ノースタンプでフィニッシュ。


約4時間弱の戦い。
無事イスラエルに入国。
イスラエルの旅模様は、また次回ということで・・・



ブログ村のランキングに参加しています。
よかったらクリックお願いします!
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーサイト

Comment

ありがとうございます!

>江東区大島さん
見とれてたから、不審者扱いされたのかなぁ?

久々っすね。
ちょっと気になってました。
ちょっとさびしかったです(笑)

  • りょーじ [#-] |
  • URL |
  • 2009 04/17 (Fri) 23:51
No Title

カワイイ女の子に見とれて4時間かかったんぢゃ
ないの???

毎日見てるけど、久々のコメント(笑)

  • 江東区大島 [#-] |
  • URL |
  • 2009 04/17 (Fri) 09:44
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://ryooz.blog116.fc2.com/tb.php/79-cf145d6d この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

原田 諒二                                     (はらだりょ-じ)

Author:原田 諒二 (はらだりょ-じ)
あの海の向こうには何があるんだろう?
どんな人たちがいるんだろう?
そんな単純な想いを胸に
いろんなものを見て
いろんな人と触れ合う旅の
真っ最中!!

2008年10月21日 世界一周出発

2009年9月28日 帰国

2015年1月2日 世界二周目に出発!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。