1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 誕生日 in サンクリストバル・デ・ラスカサス「カサカサ」
  4. メキシコ » 
  5. 誕生日 in サンクリストバル・デ・ラスカサス「カサカサ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

誕生日 in サンクリストバル・デ・ラスカサス「カサカサ」

サンクリストバル・デ・ラスカサス
PB111617_convert_20081113154949.jpg
メキシコ南部の高原都市。マヤ文明崩壊後に先住民が移り住んだ地であり、現在でも周辺地域には先住民村が残る。

都市名が長い。
ビジュアル系バンドかい!
キリスト教と土着の宗教が混じり合った文化で、日曜には独特なミサと大規模な先住民市が開かれる。




サンクリストバルから10kmほどの2つの先住民村に訪問

サンフアンチャムラ
PB101461_convert_20081113155111.jpg
ちょうど日曜に訪問したので市とミサ後の教会に行った。

この民族は写真撮影を好まないらしく、教会で写真撮影をした観光客が殺されたこともあるという。
また、生け贄として鶏にコーラをかけて締める慣習があるという。
コーラが神聖な飲みものなのだという。
教会内にもコーラがたくさん供えてあった。
コーラが神聖って…いろんな疑問が残るが…


シナカンタン
PB101477_convert_20081113155218.jpg
同じく先住民村。
訪問した頃には、夕方になっていたため、
村はガランと寂しい感じになっていた。
そんな中、おばちゃんが家で機織りを披露してくれた。



車でほんの10分くらいしか離れていない村で、同じ系統の民族だったが、衣装が全然違った。他にも近くに数種の先住民村があり、それぞれ民族衣装が違う。
それぞれの民族が、主に観光客を相手に、
サンクリストバルの中心部の市場で露店を出し、
民族衣装や民芸品を売りに来ていた。




次の日は
スミデロ渓谷
大峡谷をスピードボートで巡る。
PB111528_convert_20081113155341.jpg
途中、ワニなどの野生動物が見れたり、湧水のしたたる滝が見れたり、壮大な大自然に触れることができた。



町から少し離れるだけで、大自然や先住民文化に触れることができる面白い町だったが、先住民村の人々は未だに苦しい生活を強いられているようだった。
経済発展と伝統文化との複雑な関係が、ここにもあるのではないかと感じた。






誕生日のおはなし

そして、少し前の話になるけど…
私事で恐縮ですが、11月9日は私の誕生日でした!
なんとか25歳になりました!

旅の途中での誕生日。
誕生日という自覚はありながらも、普通に過ごしていた。というか、誕生日を迎えたのは、15時間ほどのバス移動の最中だった。


その後、普通に宿にチェックインし、観光に出かけた。
その日は、その宿に泊まっている皆さんで、お肉食べ放題の店に行くということだったので、便乗させてもらった。
DSCF0276_convert_20081113162031.jpg
そこで発覚したのが、
なんと!同じ宿に僕と同じ誕生日の人がいたのである!!
旅をしてて地元が近いとかの偶然はたまにあったけど、
こんな偶然って…。


豪勢なディナーとビール、皆さんからの暖かい「おめでとう」に囲まれ、幸せに誕生日を迎えることができました!
DSCF0279_convert_20081113162148.jpg
香ばしい香り…溢れる肉汁…プリップリッの脂…
とろけそうなお肉に、とろけそうな僕…
こんなお肉の食べ放題、この旅ではもう絶対出会えないだろうな…
心もお腹も幸せでいっぱいになりました。


そして、宿へ戻りマイテキーラで、25歳の自分に乾杯しようかと思っていたら…

突然、部屋の灯りが消え、ハッピーバースデーの歌と共に、手作り巨大極上バースデープリンがっ!!
なんと、CASAKASAの管理人方の粋な計らいでお祝いをしてくれたのです!

まさか旅先でこんなサプライズがあるなんて…!!

同じ誕生日の世界一周旅行者のくろさわさんと一緒にロウソクの火を消し...
PB101488_convert_20081113155931.jpg
宿に泊まっている全員で、極上プリンを食べました!


CASAKASAの皆さんと宿泊者の皆さんには、本当に何度お礼を言っても言い足りないほど。
誕生日のこと以外でも、たくさんの情報や、旅話を聞かせてもらいました。
とにかくアットホームで、皆さん優しかった!!
友達の家にきているかのようでした。
この場を借りてお礼を申し上げます。
PB101500_convert_20081113155828.jpg
本当にありがとうございました!!



サンクリストバル・デ・ラスカサス
CASA.KASA(カサカサ)
PB111662_convert_20081113160141.jpg
ドミトリー45ペソ~
温水シャワー

ベッド数は多くないけど、とてもアットホームで、メキシコ、グアテマラ以外にも中米や南米の情報も得られる。オススメです!

笠置さんという方が初代オーナーの日本人宿。
笠置さんは、この宿を商売としてではなく、たくさんの人と思想を語り合う場、自分の持っている全てをたくさんの人に伝える場として始めた宿だそうだ。
旅人の間では有名な方で、初対面、年齢に関係なく、誰とでも何度でもお互いの思想をとことんぶつけ合う熱い方だったと聞いた。
若い頃は、様々な政治的な運動に参加し、闘い続けた革命家だと聞いた。
残念ながら2005年に亡くなられており、お墓を訪問することしかできなかったが、ここで誕生日を迎えたことも縁だと思い、自分ももっと世の中のことを知り、しっかりと自分の考えを持つべきだと感じた。


25歳の誕生日を、本当にいい場所で迎えられたと思った。


もっと時間があれば1週間くらいゆっくりしたかったが、さらにメキシコを南下し、グアテマラへと旅立つことにした。




ブログ村のランキングに参加しています。
よかったらクリックお願いします!
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーサイト

Comment

ありがとうございます!!

>江東区大島さん
スミデロはすごかったです。
写真ではなかなか伝わらないくらい・・・
幸せな旅、作っていきます!!

>mikiーMA2さん
親にはもちろん感謝です。
メールもちゃんとしました!!
人との出会いの素晴らしさを
ものすごく感じてます!!
でも悪いひとにはついていかないようにします。

>やまこさん
うわ!出ましたね「四捨五入したら三十路」。
スミデロは日本人にはそんなに有名じゃないけど、すごかったです。
25歳、ちょっとはおとなになります!!

  • りょーじ [#-] |
  • URL |
  • 2008 11/19 (Wed) 16:20
25歳の原田君に幸あれ!!

なんだカンダで楽しくやっているみたいだね(^^)色んな人も出会えているみたいだし♪

スミデロ渓谷、すばらしいv-46
これからも、こんな素晴らしい景色がみれると思うと楽しみだね~
更新、楽しみにしてるよ!!

最後になったけど、お誕生日おめっとさんv-315
ついに、四捨五入したら三十路の世界だねv-16
ようこそ!!

  • やまこ [#-] |
  • URL |
  • 2008 11/17 (Mon) 22:05
楽しそう♪

元気に楽しんでますね(^-^)v
サプライズバースディー良かったねぇ!!温かい人に巡り会えるのも諒チャンの人徳です。そんな福のある子に産んでくれたご両親に感謝!(^-^)v
な~んてねッ!人生の先輩は説教調になってm(_ _)m

  • mikiーMA2 [#-] |
  • URL |
  • 2008 11/17 (Mon) 17:18
No Title

スミデロ渓谷 やばいね!

そして誕生日おめこ

幸せな旅が出来る1年になりますよーに。

  • 江東区大島 [#-] |
  • URL |
  • 2008 11/17 (Mon) 09:47
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://ryooz.blog116.fc2.com/tb.php/27-9ee60a55 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

原田 諒二                                     (はらだりょ-じ)

Author:原田 諒二 (はらだりょ-じ)
あの海の向こうには何があるんだろう?
どんな人たちがいるんだろう?
そんな単純な想いを胸に
いろんなものを見て
いろんな人と触れ合う旅の
真っ最中!!

2008年10月21日 世界一周出発

2009年9月28日 帰国

2015年1月2日 世界二周目に出発!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。