1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. ザンジバル 東の海岸 ビフォアアフター
  4. タンザニア 2015 » 
  5. ザンジバル 東の海岸 ビフォアアフター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

ザンジバル 東の海岸 ビフォアアフター



ローカルの移動手段ダラダラにて、ストーンタウンから東の海岸へ1時間半。
懐かしの村、ジャンビアーニへ。
IMG_7526.jpg


そして、懐かしの宿へ。
DSC_0424.jpg


この宿は、電気がなく、暗くなると火を灯されたランタンを渡され、
蚊帳のついたボロボロのベッドで眠る。
朝と夕のご飯付きでこれもキッチンなどないため、目の前の海で釣ってきた魚を七輪とうちわでパタパタスタイル。
従業員は掃除係のおばちゃんとオーナーのみで、料理も受け付けもオーナー1人でやっている。

・・・だったはずが!

宿がリフォームされ、電気あり、普通のベッドあり、そして隣にはきれいなBARが建ち、朝夕の食事はそこでとる。
オーナーは現場から引退し隠居。料理を作るシェフ(ハーフパンツにサッカーシャツ着た普通に兄ちゃんだけど)が雇われ、管理人も接客上手のこれまたサッカーシャツ着たおじさんが雇われていた。
どこがとかではなく全体的に清潔感が格段に違うし、料理のレベルの上がり方もアベノミクスのときの株価並み。
料金は物価上昇で上がっていたが、宿のリニューアルでの値上げはまだしていない様子。
もしかしたら、ゆくゆくはさらにきれいになり、値段も上がるのでは?

そんな、応援していた無名のアイドルが国民的アイドルになってしまったときのような嬉しさと寂しさが同居する戸惑いの中、
宿にチェックインするため、宿帳に名前を記入しようとすると・・・

その宿帳が、6年前のものと一緒で、さらっとページをさかのぼって以前のページをめくってみると、
当時の自分の書いたページを発見。
6年前と同じ宿帳をを使っていること自体驚いたが、しっかりと欠落せず自分の書いたページが残っていた。
これは、アルゼンチンの宿で感じた感動に似たものがあった。
自分の残した足跡との再会は、やはり嬉しいものだ。


そして
IMG_7521.jpg

海!!
IMG_7574.jpg

IMG_7569.jpg



かつて、この海を「バスクリン」と表現した人がいたが、
しっかりバスクリン。
この日は少し曇っていたから、あまり写真の色はよくない。

IMG_7494.jpg
そして、写真ではわかりづらいけど、果てしない「遠浅」。

東アフリカの観光地にやたら出現しだす、出稼ぎマサイ族
IMG_7487a.jpg



そして、僕のような旅行者が行く土地では、だいたいの場所でいわゆる“すれている”ことが多い、こどもたちも、
この村ではまったく“すれていない”。
IMG_7710.jpg

IMG_7724.jpg

IMG_7658.jpg

IMG_7677a.jpg


IMG_7565.jpg

宿はきれいに生まれ変わったけれど、自然と人は変わらぬまま。
観光地として有名になっていくと、人も自然も変わってしまう場所が多いと思うけれど、
ここが変わらないのはやはり「離島」だからなのか・・・

IMG_7558.jpg

とにもかくにも、やはりここは自分の中ではアフリカで一番癒される場所。
それは、他の場所がうるさくて、治安が悪いからという反動もあるのかもしれないけど・・・(笑)

まだまだザンジバルのビーチめぐりへ、





ザンジバル ジャンビアーニ 6.21~23


斧を振りかざし激怒する少女!!コノヤロー!!
IMG_7543a.jpg

・・・に見えるけど、実は、この子がたまたまこの一見斧のように見えそうな重たいポールみたいなのを持ち上げてるときにカメラを向けてしまい、
それを持ち上げたポーズのまま、ポーズをキープしてくれていて、それを知らずに連続で何枚か写真を撮ってるうちに、
女の子の表情が歪んできて・・・。
そのあと、持ってたポールみたいなのを地面に降ろして息が上がっている女の子に謝り続けました。
スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://ryooz.blog116.fc2.com/tb.php/230-d2186a47 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

原田 諒二                                     (はらだりょ-じ)

Author:原田 諒二 (はらだりょ-じ)
あの海の向こうには何があるんだろう?
どんな人たちがいるんだろう?
そんな単純な想いを胸に
いろんなものを見て
いろんな人と触れ合う旅の
真っ最中!!

2008年10月21日 世界一周出発

2009年9月28日 帰国

2015年1月2日 世界二周目に出発!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。