1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 日本より日本な海外
  4. 日系人居住区 2015 » 
  5. 日本より日本な海外

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

日本より日本な海外

海外にも日本社会があることは、日系人、日系社会という言葉が知られているように、広く知られていると思う。

南米は、かつて多くの日本人が移住した地域。
2世、3世、4世と時が移り変わり、日本語を話せない日系人の方が多い地域もあれば、
日系1世の方がいらっしゃる地域もある。

南米には、非常にありがたいことに、旅人を受け入れてくださる日系社会もあり、
2つの日系社会を訪れることができた。


1つは、ブラジルの「弓場農場」
もう1つは、パラグアイの「イグアス居住地」




●弓場農場


1週間しか滞在してないうえに、滞在中は体調が悪く、あまり弓場の方々との交流を多く持てなかったので、
本来、弓場農場について何か語ってしまうのはよくないと思うけれど、感動したことが多く、
感謝すべきことも多いので、書き残しておきたいと思います。


弓場農場は、80年以上続く、20世帯以上のご家族、計50人以上の日系移民の方々が暮らす共同体。
広大な農地で、果物をメインとした出荷用の作物と、米や大豆、野菜など自給用の作物を栽培している。
驚くのは、共産制の共同体で、農作物で得た収入は弓場農場みんなのもの。給料が無く、私財もない。
食事は自給用の農作物から作った日本食がメインで、話されている言語は日本語がメインだが、みなさんポルトガル語も話されている。

旅人は農作業に協力することで、3食のご飯と、寝床を提供していただける。
滞在する期間に制限もない。
そういった、家族、仲間を大切に守っている共同体でありながら、どこの馬の骨かもわからないような旅人たちを受け入れ続けている懐の深さ・・・


ペルーから続くアレルギーの影響もあり、1週間ほどしか滞在できなかったが、
ここでは学ぶことが非常に多かった。

3度の食事にみんなが集まる食堂
IMG_4382.jpg

IMG_4412.jpg

IMG_4434.jpg

IMG_4422.jpg



20150416大豆収穫の旅人達-11

201504完熟大豆


仲間や家族を大切に、みんながみんなのために自然に働く姿に感動したし、
ほぼ初体験の農作業も大変だったけど良い経験だった。

僕のような滞在期間の短い旅人にでも、なんの躊躇もなくいろいろなことを教さって、
名前まで覚えていただいた。

アレルギー症状が出ていた僕を気遣ってくれる方も多く、申し訳なさと感謝の気持ちでいっぱいになった。



また、弓場農場のHPに、
同じこころざしを抱く仲間達ともに、「耕し、祈り、芸術する」共同体として建設された弓場農場。

とあるように、芸術的感覚も大切されていて、毎週バレエ教室や、合唱練習の時間もある。
敷地内には図書館もあり、毎日誰かがピアノや管楽器を演奏する音が聞こえてくる。


・・・まるで映画で設定された場所に入って来たような感覚にさえなった。


農業について、自然について、家族について、仲間について、助け合いについて、
お金について、ホスピタリティ精神について、日本らしさについて・・・
いろいろなことを自然に考えさせられた。


20以上のご家族が共同体で生活することは、簡単なことではないし、
もちろん様々な問題や悩みもあるのだろうと思う。

けれど、この素晴らしい場所は、これからも存在していてほしいと思う。

IMG_4451.jpg






●イグアス居住区


弓場農場からそのまま丸一日移動し続けて辿り着いたのが、
パラグアイの「イグアス居住地」。

イグアスの滝がある、ブラジル、アルゼンチン、パラグアイの3か国国境から1時間ほどのところにある、日系人が多い居住区。

1961年にパラグアイの他の地域から入植されたことから、ここの日系社会の歴史が始まり、
現在、200世帯、約850人ほどの日系人の方々が暮らしている。
この地域は弓場農場のような共同体ではなく、人口は約1万人で、パラグアイ人も多く住んでいる。

周辺には広大な大豆畑が広がり、大豆で生計を立てている農家が多い。

ここには、COOP(農協)があり、その大豆から作られた納豆や味噌、そのほか、あんぱん、どら焼き、せんべいをはじめ、
ほんだしやお茶漬けのり、みりんなど、海外ではなかなか買えない日本の商品が売っている。

IMG_4462.jpg




近くには鳥居があったり、日本語の標語も町の至るところで見かける。

IMG_4461.jpg


あなたを大切にするように 私も大切にして
IMG_4466.jpg

書いてある標語に、自然への考え方が表れている。


農協やスーパーなどにいくと、日系人の方の日本語の会話が普通に聞こえてくるし、
学校の近くを通った時には、応援団の練習らしき声で、三三七拍子が聞こえてきた。

移住資料館もあり、移住の歴史や、移民一世の方から生で話を聞くこともできる。

僕が行ったときにいらっしゃった移民一世の方は、

お金よりも大事な豊さがここにはあるといった話をされていた。

移民の方々は苦労もされているし、日本から離れて暮らして、価値観や人生観が変わる人も多いのではないかと思った。

展示してあったテープレコーダー
IMG_4492.jpg
歴史と感情を生々しく感じた。







弓場農場でも、イグアス居住区でも、共通して再考させられたのは、「豊かさ」について。

日本で働く中で、その「豊かさ」に関して疑問や自分の感覚のズレを感じ、耐えきれなくなったことも、今回旅に出た理由のひとつ。

食べ物を作れること、それを分かち合える人達がいること、健康であること。

これだけだけで十分豊かなのではないかと感じる。

日本では、自分で食糧を作れる人がどれだけいるだろうか?
日本の自給率はTPPなどによって、さらに下がると言われている。

生き物として食べ物を自分で確保できないことは、異常なことなのかもしれない。
国として、食べ物を自給できないことも、異常なことなのかもしれない。
特に島国である日本にとって。

最初は苦労の多い移民の方々は、必ずといっていいほど農業で生計を立てようとしたのは、
時代背景や環境、制約などが大きかったとは思うけれど、
やはり食べ物がなければ生きていけない。食べ物があれば生きていけるという考えも、
もしかしたらあったのかもしれないと勝手に思う。

今、世界では、肉や魚も含めた食糧の安全性も揺らいでる。
自分で作り、自分で食べることが一番安全なのだと思う。
そういう意味で自給率を高めることは非常に意味のあることだし、
自分で作れなくとも、知っている人が作っている食糧は安心できる。
地域、コミュニティを大切にしていくことが、その土地らしさ、日本らしさを守っていくことにつながるのだと思う。
現に、弓場農場も、イグアス居住区も、日本の都会より、よっぽど「日本らしさ」を守っている。


未来のために、こども、子孫のためにも、多くの人がもっと食糧問題や地域にも目を向けていくべきだし、
第一次産業を尊重していくべきだと思った。


IMG_4475.jpg
私の未来はあなた方の行動しだいなのだ








ブラジル・弓場農場 4.13~4.22 
パラグアイ・イグアス居住区 4.23~5.9


イグアス居住区にある病院では日系3世の方が勤務されている病院があり、
なかなか治らないアレルギー治療のため、2週間ほど通院し、療養した。
スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://ryooz.blog116.fc2.com/tb.php/218-fead55b7 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

原田 諒二                                     (はらだりょ-じ)

Author:原田 諒二 (はらだりょ-じ)
あの海の向こうには何があるんだろう?
どんな人たちがいるんだろう?
そんな単純な想いを胸に
いろんなものを見て
いろんな人と触れ合う旅の
真っ最中!!

2008年10月21日 世界一周出発

2009年9月28日 帰国

2015年1月2日 世界二周目に出発!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。