1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. サルバドール ~始動~
  4. サルバドール カーニバル2009 » 
  5. サルバドール ~始動~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

サルバドール ~始動~

※現在、2009年2月のブラジル・サルバドールでのカーニバルの際の記事を更新しています。


サルバドールに着き5日が経った。
そろそろ太鼓の練習を始めないとな、と思い、練習開始のお願いをする。
まずは、担当する楽器決め。
P2132733.jpg

P2132727.jpg


「ナタカトシア」で、使う楽器は4種類。


チンバウ

timbau08_thumb11_convert_20100103235337.jpg

うな形をした筒の上に、皮が張られた楽器。
手の平で面を叩く。
乾いた音が出る楽器。


ヘピニキ
250px-Repique.jpg

高さ30センチほど、10インチ前後の筒の、上下両面にプラスチックの面が張られている。
バチは、プラスチックの細い棒で、細かく音を刻むことができる。
叩くと、「カンカン」と耳をつんざく様な高音が出る。



スルド
250px-Surdo22animal.jpg

いわゆる大太鼓。
その中でも、サンバに多い2拍子の低いベース音を出すのが、フンド。
フンドよりも一回り小さく、フンドより、手数が多いベース音を出すのが、メイオ。


僕がサルバドールに到着したときに行われていたイエマンジャ祭のときには、ナタカトシアに、イギリス人5人がフンドとして混ざっていたが、彼らはイエマンジャ祭後、すぐに留学中のリオへ戻るということや、フンドをやっていた人が他の楽器に移るため、僕はフンドを叩くことになった。

4種類ある楽器のうち、一番手数が少なく、難易度が低いフンド。
しかし、ベース音を出す重要なリズム隊でもある。

いよいよ練習開始。

曲は5~6曲。
曲の構成は、「フレーズ」と呼ばれる曲のほぼ一定のリズムがあり、そこに、「ブレイク」と呼ばれる1小節から2小節ほどの、“決め”を入れる。
「ブレイク」は曲によって数種類あり、演奏中に、指揮者の合図が出され、全員で一斉にブレイクに入る。
「フレーズ」が「ごはん」だとすると、「ブレイク」は、いわゆる、曲の「おかず」の部分。
これがしっかり揃って決まるとかっこいい!! 


フンドは、フレーズ演奏中は、パート1(高音)と2(低音)に別れ、二拍子中、各1打ずつ叩くので、覚えることはあまりなく、とにかくリズムキープなのだが、この「ブレイク」は、全楽器が「フレーズ」と異なるパターンで叩く変則的なリズムなので、全て覚えなければならない。

メモに全てのブレイクのパターンを書いて、太鼓が叩けないときは、ペンで練習することにした。
とはいえ、いきなり一気には覚えきれない・・・。

しかし・・・ 
全体練習では、次々とブレイクの練習が繰り返される。


①指揮者からブレイクのサインが出る。
②(あわわあわわ!! この曲のブレイクは、どんなんだったっけ?う~ん・・・え~と・・・確か・・・)
③とか考えている間に、ブレイクに突入。
④(あ、そうか!そんな感じだった。けど、もうブレイク終わっちゃった・・・)
⑤そしてまた、違うブレイクのサインが出る。
⑥ ②に戻る。

みたいな感じで、最初の数回の練習では、てんやわんや。
メモでの自主練習も大事だけど、やっぱり、実際やってみて無理やり体で覚えるのが一番早い!!
ちょっと部活や仕事を思い出した。
いろんな人にお願いして、練習に付き合ってもらったり、セッションしているところに混ぜてもらったりした。

そして、ブレイクを覚え、練習に臨んで、ブレイクを叩いたときは鳥肌立った。
気持ちいい、超気持ちいい!!(またかい・・・)

今まで、地元のお祭りとかで、サンバのパレードとかがあっても、踊ってるお姉やんたちの腰つきに胸騒ぎがしてしまい、演奏はあんまり耳に入ってこなかった。
太鼓なんてゲーセンの和太鼓叩くゲームくらいでしか心躍らなかったし、幼稚園時代にやった鼓笛隊は叩きながら「なんてうるさい音!!ビー・クワイエット、ビークワで!!」とか思ってたし、正直、あんまり興味のない音楽ジャンルだった。
けど、これは凄い。ハマルかも。
とにかく、練習も楽しくて仕方ない。
手にマメができても潰れても気にならないくらい。

いや、それはウソ。

完全に気になるね!!


右手6!!
P2212775.jpg

左手4!!
P2212778.jpg

マメができて、ちょっと手をずらしてバチを持って、またそこにマメができて、ちょっとずらしてバチを持って、またマメ・・・

じゃかましやぁ~~!!

もう逃げ場がない・・・

いつも流血騒ぎ。もう痛いのなんのって!!


そこで僕は、テーピングという、体育会系の僕にとっては、駄菓子のように懐かしいアイテムを薬局に求めに行き、愛用するようになった。

それはそうと、早くちゃんと全ブレイクを覚えて、みんなの音に厚みを与えられるくらいにならないと・・・

練習の日々は続く・・・



ブログ村のランキングに参加しています。
クリックしていただくと、ポイントが加算されます。
よかったらクリックお願いします!
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://ryooz.blog116.fc2.com/tb.php/183-6febdc85 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

原田 諒二                                     (はらだりょ-じ)

Author:原田 諒二 (はらだりょ-じ)
あの海の向こうには何があるんだろう?
どんな人たちがいるんだろう?
そんな単純な想いを胸に
いろんなものを見て
いろんな人と触れ合う旅の
真っ最中!!

2008年10月21日 世界一周出発

2009年9月28日 帰国

2015年1月2日 世界二周目に出発!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。