1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. サルバドール ~音楽な人たち~
  4. ブラジル » 
  5. サルバドール ~音楽な人たち~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

サルバドール ~音楽な人たち~

※2009年2月、ブラジル・サルバドールでの日記を更新中。



なお宿

P20304971.jpg

P20305001.jpg

P2122715.jpg

パーカッショニストのオーナーさんが経営する宿。
カーニバルの1~2ヶ月前から人が集まりだし、カーニバルで「ナタカトシア」というグループをつくり演奏することでバックパッカーのあいだで有名。
集まった人の中には、パーカッション経験者もいれば、僕のような素人もいる。
今年は、昨年や一昨年などのカーニバルでの演奏経験者や、日本でパーカッションのチームに所属している人も多い。



そして、ここで猛練習の日々が始まる・・・かと思いきや、イエマンジャ(先日のお祭り)のあとは、安息日が続いた。
皆、イエマンジャに向けて、毎日練習を積んでいたということで、しばしオフ期間。

ということで、メンバーの人たちについて、サルバドールの街へ繰り出した。
P2030501.jpg

P2050705.jpg

P2050708.jpg

P2050695.jpg

本当にカラフルで歴史を感じる素敵な街。



みんなで楽器屋めぐり。
P2040564.jpg
何軒もある楽器屋を行ったり来たり。
日本でもパーカッションのチームに入っている人が多く、みんな夢中で品定めをしていた。
日本より安く、楽器や部品が買えるらしく、買い込んでいる人もいた。



サルバドールには、350もの教会があり、「黒人のローマ」と呼ばれているほど。

サンフランシスコ教会
P2050699.jpg


バジリカ大寺院
P2050672.jpg



ペロウリーニョ広場
P2040587.jpg

P2040590.jpg

斜め前に2本の分かれ道があり、その手前に広いスペースがあるが、ベンチがあるわけでもなく、石畳の道のままで、あまり広場という感じはしない。
植民地時代に建てられた、この周辺の建物はカラフルで綺麗。しかし青い建物は奴隷市場だったと言われていて、ここでも歴史を感じさせられた。
この広場付近は、土産物屋が多く、毎日、パーカッションの演奏が行われていて賑やか。
また、ここは、マイケル・ジャクソンの「They Don't Care About Us」のPVで使われた。
(このときはまさかマイケルが亡くなるなんて思いもよらなかったけど・・・)



サルバドールの街は上町と下町に分かれていて、エレベーターや短いケーブルカーで双方の町を行き来する。
P2040535.jpg


ラセルダ・エレベーター
P2040538.jpg


このエレベーター乗り場の上から、トドス・ロス・サントス湾が見渡せる。
P2050683.jpg

エレベータで下ると目の前にメルカド・モデロが見える。


メルカド・モデロ
メルカド(市場)だが、売っているものは民芸品のみ。
P2040530.jpg

P2040618.jpg



旅行者で賑わっていた。
そんな明るく賑わう市場の地下に行くと・・・

P2040604.jpg

P2040606.jpg

P2040612.jpg

一気に空気が変わる。

ここは、アフリカからの黒人奴隷が収容されていた場所。
彼らは、この地に住む人々の祖先は、この暗く色のない世界で、何を思っていたのだろう・・・


夜には、ペロウリーニョ広場周辺で、地元のパーカッションチームによる演奏が行われる。
僕も、みんなについていき、演奏を見学。
P2040636.jpg

さすが、観光客を集めるだけある。。。
音にキレがあるし、演奏がピタッと揃っている。
大迫力!!

太鼓の演奏なのに、太鼓振り回しちゃうし・・・
P2040645.jpg
叩きながら踊ってるし・・・


キレがあって大迫力なのは、演奏だけではない。
演奏隊の後ろについている黒人たちの踊りに圧倒された・・・。
すごい肉体・・・すごいキレ・・・。
P2040660.jpg

P2040652.jpg

その黒人たちに混ざって、欧米系の観光客が踊っているのが見えたので、僕も混ざって踊った。
あまりに張り切りすぎて日本人観光客に笑われた。
でも、気持ちいい!超気持ちいい!!(笑)

このチームの演奏は毎週行われるというので、来週も観に来よ、そんで踊ろ。

そんなこんなで、サルバドールに着いて4日が経った。
そろそろ練習はじめないと本番に間に合わないな・・・




ブログ村のランキングに参加しています。
クリックしていただくと、ポイントが加算されます。
よかったらクリックお願いします!
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://ryooz.blog116.fc2.com/tb.php/181-52fc4619 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

原田 諒二                                     (はらだりょ-じ)

Author:原田 諒二 (はらだりょ-じ)
あの海の向こうには何があるんだろう?
どんな人たちがいるんだろう?
そんな単純な想いを胸に
いろんなものを見て
いろんな人と触れ合う旅の
真っ最中!!

2008年10月21日 世界一周出発

2009年9月28日 帰国

2015年1月2日 世界二周目に出発!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。