1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. インドに感謝。 
  4. 大陸ごとの感想 » 
  5. インドに感謝。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

インドに感謝。 

インドの旅を終えて・・・

インドには様々な思いを持って入ってきた。
いろんな先入観があった。
特に強かったのはマイナスなイメージ。
汚い、盗難などの犯罪が多い、空港からのタクシーが信用できない、嘘つきだらけ…

これらは間違っていなかったものもあるが、運よく犯罪の被害には遭っていないし、そこまで嫌と思うこともなかった。

それまでの旅で汚なさには十分慣れていたし、嘘つきや騙しはインドに限ったことではなかった。
どこでも、嘘つきや嫌なやつより、親切ないいヤツの方が多いことはもう経験していたし、どんな人とのやりとりも楽しめるようになっていた。

それでも、驚きはたくさんあった。

野良牛、野良人、カーストによる貧困、意味のないよくわからん嘘や、意味のないよくわからん絡み。

さっき、どんな人とのやりとりも楽しめるようになったとは書いたものの、思い出してみると、やっぱり数回はキレた。

インドに来てキレない人がいたらすごいと思う。



インドに来た人は、インドを大好きになるか、大嫌いになるかのどちらかだ。ということをよく聞く。

僕の知っている人でも二度と行きたくないという人が数人いる。
犯罪や汚なさ、人や町のうるささが主な原因だ。


僕はというと、2ヶ月以上滞在した今、とにかくインドが好きだ。

良いところもむかつくところも含めて、そのカオスが好きだ。

人生で最低一回は、またインドに来る。


では何がよかったのだろうと振り返ってみると、大きく二つの理由がある。



一つ目の理由は、インドの持つ多様性だと思う。

インドは広く、全土をしっかり回るには最低でも約半年くらいは必要だと思う。
僕はデリーからコルカタを結ぶ定番ルートと、デリーより北のラダック地方と、その麓の町にしか行っていない。

南インドはシーズンが合わなかったが、海に面しているところも多く、シーズンにはパーティが行われるところもたくさんあり、また違ったインドの顔を持っている。

インドは広い。そして、本当にたくさんの顔を持っている。
地域によって変わる、地形、気候、宗教、人種、文化…。
ところ変われば、まるで異国に来たような錯覚にさえ陥る。

それが面白かった。



2つ目は、知識・学びの宝庫という点。

上で書いたように、国土が広く、地域性が様々で、文化も他国と比べ「特に特質」なので、学ぶことも多い。

マザーテレサとマザーハウス、ダライ・ラマとチベット問題、カースト制度と貧富、ヨガ、瞑想、太鼓をはじめとした多種多様な楽器、同じくヒンドゥー、シーク、ジャイナ、仏教などの宗教…。

本当にたくさんの学ぶべきものが転がっていた。

これから調べたい、学びたいと思う、学びのきっかけ、ブックマークになるようなものがたくさんできた。

僕は、「沈没」といえば思い浮かぶのはインドで、さらにそのイメージは麻薬による沈没だった。
確かにそういう人もいたが、それよりも遥かに、目的を持った長期滞在をしている人が多かった。

ヨガを習ったり、ボランティアをしたり、楽器を作ったり習ったり、宗教や言語の勉強をしたり。

そういう目的を持った長期滞在をしている人が多くいた。

だから、おのずといい出会いもたくさんあった。
いろんな感性や考えを持った人と接することができ、自分もたくさんの刺激を受けた。


僕自身は、マザーハウスのボランティア、ビパッサナ瞑想、ダライ・ラマティーチング、それとヨガをちょっと体験したくらいだったが、それでもそれらを経験したことで、この長旅の中で一番自分が変化した時期が、このインドでの2ヶ月になった。

その変化は、長旅の最後で今までの旅での経験の積み重ねがあったから、ということでもあるけど、インドという国の力がかなり大きいと思う。




インドを旅の終わりに選んだことは、自分にとって最良の選択だったと思う。

インドは、僕の旅の総仕上げをしてくれたと思っている。

文化や出会いにより、たくさん学んだり、これから学ぶための、学びのブックマークをたくさん作ることができた。

やりたいことが増えた。

日本に帰って頑張ろうという活力がどんどん湧いた。

いい状態で日本に帰れる。

そう思わせてくれたインドに感謝。



ブログ村のランキングに参加しています。
クリックしていただくと、ポイントが加算されます。
よかったらクリックお願いします!
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://ryooz.blog116.fc2.com/tb.php/165-07bc99c5 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

原田 諒二                                     (はらだりょ-じ)

Author:原田 諒二 (はらだりょ-じ)
あの海の向こうには何があるんだろう?
どんな人たちがいるんだろう?
そんな単純な想いを胸に
いろんなものを見て
いろんな人と触れ合う旅の
真っ最中!!

2008年10月21日 世界一周出発

2009年9月28日 帰国

2015年1月2日 世界二周目に出発!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。