1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. ダラムサラ・ダライラマ 9月13日~25日
  4. インド(チベット文化圏) » 
  5. ダラムサラ・ダライラマ 9月13日~25日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

ダラムサラ・ダライラマ 9月13日~25日

ヴィパッサナが終わり、山を降り下界に出てきた。

ダラムサラの町
DSCF3993_convert_20090924142954.jpg


ダラムサラは、1959年のダライ・ラマのインド亡命以来、チベット亡命政府があり、ダライ・ラマの邸宅もここにある。
また、同時にチベットが中国に併合されたときに、チベットを逃げてきたチベット難民も多い。


標高は約1800m。
まわりは山に囲まれた町。

DSCF3995_convert_20090924143131.jpg


DSCF3960_convert_20090924142819.jpg



ダラムサラもマナリのように、いくつかの地区に分かれている。

一番賑やかな中心地区はマクロード・ガンジ。
DSCF4009_convert_20090924143616.jpg
町の中心の広場。

旅行社、お土産屋、レストランが並ぶ。
DSCF3880_convert_200909241417501.jpg

DSCF4063_convert_20090924143743.jpg

お土産も料理も人も、レーのように完全にチベット文化が浸透。


さすがにチベット僧の数も多い。
DSCF3874_convert_200909241416011.jpg

DSCF3876_convert_20090924141623.jpg


町中に寺院もある。
DSCF4004_convert_200909241432291.jpg


もうひとつの地区・・・

バグス

DSCF3940_convert_20090924142602.jpg

DSCF3992_convert_20090924143004.jpg

DSCF4062_convert_20090924143733.jpg

DSCF4038_convert_20090924143628.jpg

マクロードガンジから山道を歩いて20分ほど。

バグスは山の斜面にあり、森に囲まれた落ち着いた場所。


バグスから、少し山道を歩けば、大自然の真っ只中。

DSCF3903_convert_20090924141817.jpg

DSCF3966_convert_20090924143115.jpg

DSCF3931_convert_200909241425361.jpg

DSCF3930_convert_20090924142505.jpg

DSCF3906_convert_20090924142016.jpg

カフェもある。
DSCF3910_convert_20090924142003.jpg

DSCF3920_convert_20090924142101.jpg


瞑想もできる。
DSCF3925_convert_20090924142241.jpg



■ダライ・ラマティーチング
先日更新したように、レーにいるとき、ダライ・ラマティーチングを受けた。
というより、見に行った。
そして、そのまま何も気にせず、レーからマナリ、ダラムサラと降りてきた。
ヴィパッサナが終わったあと、一緒に受けた受講者が言った。

「もうすぐダライ・ラマティーチングだね」

へぇ~。またあるんだぁ。

でも、もうすでに僕はレーで行ったし、どうせ言葉がわからないし、ダライ・ラマを一目見ることはできたし、今回は別に行かないでいいやぁ。


「受けるには、登録の申請をしにいかないとダメみたいだよ」

いや、僕はもう行ったからめんどくさいし行かないよ。


「日本語同時通訳もあるらしいよ」



ほ~~う。


行くぅ!



ダライ・ラマティーチングに参加するには登録して許可証をもらわなければならない。
レーでは登録は必要なかったのだが、今回は寺院内だからなのか必要ということだった。

当日行くと、これまたレーの時より厳格なチェックが待っていた。
カメラ、携帯の持ち込み禁止。
入場前にはかなり厳しいボディチェックと持ち物検査。

ここでもやはり受講者の数は多く、、チベット人、外国人問わず、たくさんの人が詰めかけた。

僕は前回のレーでのティーチングのときは、何もできなかった。

言葉がわからなかったし、ダライ・ラマや、チベット問題、チベット仏教について何も知らなかった。

ただダライ・ラマを拝んだだけだった。

今回は日本語同時通訳もあるというので、直前に必死にダライ・ラマ14世の自伝を読み、ダライ・ラマやチベットの仏教や歴史について、勉強した。

ティーチングは三日間。
全てのティーチングに参加した。

今回は前回より会場の規模が小さくかなり近くでダライ・ラマを見ることができた。

ダライ・ラマとチベットについての知識を頭の中に入れた後に見たダライ・ラマは、全く違って見えた。

その笑顔の裏にある数々の苦悩の歴史、いまなお静かに戦い続ける独立への願い。

ダライ・ラマを崇拝する人が多い理由が少しわかった。


今回のティーチングは、主に仏教の教典の解説。
その中でも、覚りに至るための瞑想法と、菩提心についての解説がメインだった。
チベット仏教に特化した講話ではなく、僕のような初心者でもわかるように、仏教の基本の考えも織り混ぜた丁寧な講話で、わかりやすいところもあった。

僕はヴィパッサナを受けた直後だったので、すごく理解がしやすかった。

というのは、仏教において覚りに至るための瞑想は、仏陀の瞑想法からきており、ヴィパッサナも、仏陀の瞑想法を教えているものだからだ。
またヴィパッサナで毎日行われる講話も、仏陀の考え、精神が中心となったものだったし、今回のティーチングの中でも、仏陀の話が度々出てきていた。

僕は、最近まで仏陀が人だということも、仏陀が人の名前ではないことさえも知らなかった仏教徒として恥ずべき人間だが、今回のヴィパッサナとダライ・ラマティーチングで、仏教について知るきっかけ、入口が開けたと思っている。

しかし…

前回のレーと、今回のダラムサラ。
二回とも寄付することでもらえる、ダライ・ラマによりブレッシング(祈りが込められた)された赤い紐を失くした。
二回も失くすとは縁がないのかな。。。



仏教では、科学的に証明できないようなことを信じることがあるが、(他宗教でもあるが)今まではそのようなことに対し、嫌悪感を抱いていたし、全く信じることができなかった。
しかし、今回のティーチングでそういうことがあるのかもしれないと思うようになり、少しスピリチュアルな分野にも一つの知識として興味がわくようになった。
ただ、未だに輪廻転生、及び解脱の考えを受け入れることはできないし、今更、自分の宗教の敬虔な信者になるのは難しい、というか気が進まないが、仏教徒として最低限の知識を学び、日常生活でも生かせるようなことがあればそれを取り入れていくのは、意味のあることなのではないかと思う。
そしてそれが仏教以外の宗教でもいいのだということに気づいた。

ダライラマも、「すべての宗教の目的は同じで、人間の善なるものを育み、あらゆる人間に幸せをもたらすこと。その手段は異なるように見えても、その目的は同じ」と言っている。
大事なのは、幸せになろう、成長しようとする向上心を持ち続けることと、学びと実践の繰り返しなのだろう。

それと、今回、ダライラマの自伝を読み、ダライラマティーチングを受け、チベット文化、チベットの人々と接しながら、チベット問題を実感として知ったことで、歴史を知ることの大切も学んだ。
中国がチベットにしたようなことを、日本も中国や朝鮮・韓国などの国にしたことをもっと知らなければならないし、深い背景を知らずに、薄っぺらい知識だけでわかった気になり、一概に一国を批判するのもよくないと思った。

そして自分が“実感を通して”知ったことは、まだ知らない人に教えたり、教えるということまではできなくても、そのことを少しでも知ってもらうきっかけを作ることをしなくてはならないと思った。

だから、このブログでチベット問題や、またその他のことに少しでも興味を持ってくれた人がいたら嬉しいと思う。



このレーから始まりダラムサラに終わったチベット文化圏の旅では、食わず嫌いでとにかく毛嫌いしていた、宗教やスピリチュアルな世界への抵抗が弱まった。
そこからも学び吸収できるものもたくさんある。

瞑想、ヨガ、チベット文化、本、そして旅人…
ダラムサラには自分にとって学ぶべきことがとても多い。
そしてチベット人やチベット文化が好きになってしまったため、もう下手に動かず、このまま旅の終わりをここで迎えると決め、留まった。

そして、いよいよ旅が終わる。



■継続は力なり

ヴィパッサナが終わり1週間以上が経った。
ヴィパッサナ終了直後にダライ・ラマティーチングが三日間あり、ヴィパッサナ終了後は5日間ほど全く瞑想などしていなかった。
が、ヴィパッサナが終わるとき、続けるようにと言われていたし、同じコース受講者が毎日続けていたので、早いうちに、僕もリスタートすることにした。
せっかく学んだのだから実践し続けなくては!

5日ぶりの瞑想は、ボロボロ。
一時間が一時間半くらいに感じるし集中できない。
ヴィパッサナで教えられたことが全然できなくなっている。
運動と同じで、やはり続けていなくてはすぐにダメになってしまう。

それからは、毎日するようになった。

ヴィパッサナを受けた施設では、毎日、朝と夕に一時間ずつ瞑想ホールを解放してくれている。
僕は夕方のみ毎日行くようにした。
同じコース受講者も何人か来ていた。

再スタート4日目くらいから感覚が戻り、その後はさらによい感じになっている。
本来は朝夕一時間ずつやらなきゃいけないのだが、あまり負担にならずに続けられるように夕方のみやっている。

もう一時間座っているのは身体的には全く苦じゃない。
ヴィパッサナコース中は疲れもあったのだろう。

今では瞑想時間の後半は気持ちがいいほど。

希望者が来てホールに集まりやっているので、ホールの空気もすごい。
瞑想中、たまにホールには自分以外誰もいないかのように何も聞こえない。
そういう集中の空気というのはすごく大事で、瞑想に入りやすい。

果たしてダラムサラを去っても、一人で続けることができるのか…?

一応、この場で、ちゃんと続けます宣言しときます。


ブログ村のランキングに参加しています。
クリックしていただくと、ポイントが加算されます。
よかったらクリックお願いします!
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサーサイト

Comment

ありがとうございます

>rikoさん

コメントがダライラマティーチングのところになっていますが、
ウ゛ィパッサナの瞑想修行のことですよね。
10日間コースからしかないです。実際は前後1日ずつも使います。
開始日時も固定で決まっています。

お仕事されているとツラいですよね12日間休み取るなんて…
しかもスケジュールか固定だし…。

僕は旅だったからいいけど。

  • りょーじ [#-] |
  • URL |
  • 2009 10/27 (Tue) 14:20
No Title

こんにちは。興味があって調べていましたので
とても参考になりました。
ちなみにここって毎日受講スタートというわけにはいかないのですかね?
webで調べると、日程決まってて。
できたら会社が休みな、年末年始にいきたいのですが
10日コース以外ってないのですかね?
働いていると難しいのかなあ・・・

  • riko [#-] |
  • URL |
  • 2009 10/20 (Tue) 10:23
ありがとうございます!!

>カズさん
いつもありがとうございます。
チベットは悲しい歴史とやさしい文化を持っています。
僕の記事で関心を持ってくれたことは本当に嬉しいことです!!
機会があったら、ぜひ訪れてみてください。

  • りょーじ [#-] |
  • URL |
  • 2009 09/27 (Sun) 18:41
No Title

チベット文化関心持ちました!
教えてくれてありがとうございます☆

  • カズ [#-] |
  • URL |
  • 2009 09/26 (Sat) 22:57
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://ryooz.blog116.fc2.com/tb.php/164-b332b342 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

原田 諒二                                     (はらだりょ-じ)

Author:原田 諒二 (はらだりょ-じ)
あの海の向こうには何があるんだろう?
どんな人たちがいるんだろう?
そんな単純な想いを胸に
いろんなものを見て
いろんな人と触れ合う旅の
真っ最中!!

2008年10月21日 世界一周出発

2009年9月28日 帰国

2015年1月2日 世界二周目に出発!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。