1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. ダライラマがやってきた!!ヤァ!ヤァ!ヤァ! 8月22日~25日
  4. インド(チベット文化圏) » 
  5. ダライラマがやってきた!!ヤァ!ヤァ!ヤァ! 8月22日~25日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

ダライラマがやってきた!!ヤァ!ヤァ!ヤァ! 8月22日~25日



■ダライ・ラマ ティーチング

「あなたもダライ・ラマに会いに行くの?」
レーに向かう飛行機の中で隣り合わせたおばちゃんに聞かれた。

「はぁ、まぁ」

近々、レーにダライ・ラマがやってくるのを小耳に挟んでいた。
ちょうどタイミングが合う。会いたいな。そうは思っていた。

けれど、それが、あんなものだとは・・・


知らなかった・・・。


■ダライラマティーチング
ダライ・ラマティーチングとは、ダライ・ラマ法王による仏教講和のこと。
チベット人、外国人問わず、入場することができ、(行う場所によっては許可証も発行する)英語の同時通訳もある。
定期的におこわなれるものや、不定期に行われるもの、海外で行われることもあるようだ。


■ダライラマ
ダライ・ラマ法王は、チベット仏教の最高指導者。チベットの政治的最高指導者でもあり、チベット人の精神的指導者でもある。
「ダライ・ラマ」とは、モンゴル語の尊称で「智慧の海」という意味を持つ。
ダライ・ラマは、観音菩薩の化身とされ、後継者には、予言に基づき先代の転生者と認められた者が就く。(輪廻転生)

現在のダライラマは、14世。
1959年の中国によるチベット弾圧以来、インドに亡命。
インド北部ダラムサラに住み、チベット亡命政府の国家元首とされている。
ダライラマ14世は、1989年に、世界平和やチベット宗教・文化の普及に対する貢献が高く評価され、ノーベル平和賞を受賞している。
また、フランス、カナダの名誉市民の称号も得ており、2007年には、米国議会から議会名誉黄金勲章を授与されている。

チベット人にとって、ダライ・ラマとは、祖国の全ての象徴であり、絶大な尊敬と信頼を寄せている。



そのダライラマによる、ティーチングが、レーのとなりの村で4日間開かれる。

ダライラマについても、チベット仏教についても、チベット問題についても全然知識はなかったけれど、ちょっとミーハー気分で行ってみることに。

さっそく、初日・・・。

ティーチングが開催されるとなりの村は、レーから10km。
バスで移動しようとバススタンドへ。


しかし、そのにはいつも所狭しと停まっているバス達の姿がどこにもなく・・・

幹線道路脇には、バスやタクシー待ちのチベット人が溢れ返っていた。


DSCF2845.jpg

DSCF2843.jpg

DSCF2840.jpg

そんなにたくさんの人がティーチングへ・・・?

そうなんです!!

バスが来ると、超ダッシュBダッシュで、バスに体をねじり込ませる。

DSCF2853.jpg

もうめちゃくちゃもみくちゃ。

残念な結果に終わってしまった人々・・・
DSCF2852.jpg
僕、ミーハーなのにごめんなさい。。。

よし、これで大丈夫と思ったのも束の間・・・
DSCF2859.jpg
大渋滞・・・大迷惑・・・。

この渋滞をどうすりゃいいの?
誰が僕を連れてってくれるの?


というわけで、途中から徒歩で。
DSCF2871.jpg


そして着いた先には・・・

DSCF2880.jpg

人!!
DSCF2892.jpg

人!!
DSCF2904.jpg

人!!
DSCF2901.jpg

人!!
DSCF2899.jpg

人!!
DSCF2882.jpg

人!!
DSCF2984.jpg

フジロックか!!


僕が着いたときにはすでに、満員御礼的な感じであったけど、外国人用の場所にはまだ空きがあり、なかなかいい位置に陣取ることができた。

待つこと数分・・・

定刻を過ぎ・・・

会場の空気が一気に変わる・・・

皆、立ち上がり手を合わせはじめる・・・
DSCF2928.jpg

DSCF2925.jpg

ダライラマがやってきた。

前のほうで、人の大きな流れが動く。
僧侶たちの体の向きで、ダライラマがどこを動いているかがわかる。

そして、壇上へ・・・


いらっしゃった~!!
DSCF2930.jpg
ナマダライラマ!!


ナマダライラマ
DSCF2935.jpg
手を合わせたぁ~!!


ナマダライラマ
DSCF2936.jpg
誰かをチラ見したぁ~!!


ナマダライラマ
DSCF2953.jpg
座したぁ~!!!


ナマダライラマ
DSCF2939.jpg
こ、こっち見たぁ~!!

っていうか、目が合ったったったぁ~!!


ダライラマが座ると、チベット人、外国人問わず、皆、五体投地礼を繰り返す。
(両手・両膝・額を地面に投げ伏して、仏や高僧などを礼拝すること。詳しく知らないがチベット人は3回やることが多い)


そして、すぐに、ティーチングがはじまる。


英語の同時通訳が流れる。

しかし、もともと英語ちゃんとわかんないうえに、僕が座っているところは、チベット人のエリアに近く、音声が混じり、わけのわからないことに・・・
さらには、多くのツーリストが次々と遅刻してきて、僕の前を通ったり、強引に座ったり・・・

せっかくの仏教講和も言葉が聞き取れないので、途中退場することに。。。


会場の様子
DSCF2915.jpg

DSCF2958.jpg

DSCF2914.jpg

DSCF2982.jpg

みんなビニールシート、日傘、お茶やお弁当、お菓子持参で、なんだかピクニックのようにも見えた。

DSCF2951.jpg
しかし、五体投地礼やダライラマに対する人々の顔つきを見ていると、やはり、ダライラマは、チベット人の精神的支えであり、絶対の信頼を得ているのだと思った。
また外国人の公聴者もとても多く、宗教を超えた、その影響力の大きさを感じた。

僕ももっとダライラマやチベット問題などに知って、ここへ来るべきだったと思った。
ただ、これをきっかけに、これから勉強しなくてはいけないこと、知りたいことが増えたという点では、よい経験になった。

DSCF2964.jpg

この秋、日本にも訪問し、ティーチングを行うという。
(東京、四国、沖縄に訪問するという噂)
気になる方はチェックしてみてください。




ブログ村のランキングに参加しています。
クリックしていただくと、ポイントが加算されます。
よかったらクリックお願いします!
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーサイト

Comment

ありがとうございます!!

>えりこんぶさん
グラサンでした。
レーで、チベット僧がグラサンかけてたのは、ダライラマが火付け役??
大阪はどうなんだろか・・・
四国は確実らしいですけど・・・
日本なら日本語同時通訳絶対あるし、行きたいですよね!!

  • 原田 諒二 (はらだりょ-じ) [#-] |
  • URL |
  • 2009 09/23 (Wed) 20:35
No Title

うっわー生ダライラマ!
しかもグラサンかけてるぅーかっこいい!大阪には
来ないんかなぁ…
あたしも謁見したいナ。

  • えりこんぶ [#-] |
  • URL |
  • 2009 09/22 (Tue) 21:02
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://ryooz.blog116.fc2.com/tb.php/156-c90a50cb この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

原田 諒二                                     (はらだりょ-じ)

Author:原田 諒二 (はらだりょ-じ)
あの海の向こうには何があるんだろう?
どんな人たちがいるんだろう?
そんな単純な想いを胸に
いろんなものを見て
いろんな人と触れ合う旅の
真っ最中!!

2008年10月21日 世界一周出発

2009年9月28日 帰国

2015年1月2日 世界二周目に出発!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。