1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. ブッダガヤ 仏教最高の聖地 8月5日~6日
  4. インド » 
  5. ブッダガヤ 仏教最高の聖地 8月5日~6日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

ブッダガヤ 仏教最高の聖地 8月5日~6日

目的地だったブッタガヤにやっと到着。


ブッタガヤ
DSCF2379.jpg

DSCF2378.jpg

のどかな雰囲気の小さな村。
インドの中でも貧困という面で、底辺地域にあたるという。


ここに来た目的は、紛れもなく仏教徒最高の聖地へ参拝すること。


村のすぐそばに聖地はある。


マハーボーディ
DSCF2392.jpg
ブッタガヤは仏教最高の聖地、に建てられた寺院。


仏教徒の僕にとっての最高の聖地・・・
DSCF2395.jpg
恥ずかしいことに信仰心は厚くないが、仏教徒としてここに来れたことは幸せなこと

と、自分に言い聞かせる。


DSCF2406.jpg
巨大なわけでもなく、壮麗さもない。
だけど、ここに近づくにつれて、心が落ち着き、安らいでいく不思議な現象が僕の中で起きた。
やはり自分は仏教徒なのだと自覚する。
DSCF2430.jpg




本殿
DSCF2413.jpg
高さ52m。
内部には、黄金の仏像が置かれている。

この中の空気も、とても静かで、今までに訪れた、他の宗教の寺院とはまったく違った、落ち着く感覚を受けた。


寺院のまわりを歩く。
DSCF2418.jpg

ブッダの歩いた場所でもある。

この寺院の裏にブッタが悟りを開いた場所がある。


菩提樹
DSCF2422.jpg

DSCF2426.jpg

ブッダが覚りを開いた場所。
全仏教徒にとって最高の聖地。
約2500年前、出家したゴータマ・シッダールタは、苦行の旅の末、この菩提樹の下で瞑想に入る。
そして49日目に覚りを得て、ブッダとなる。


当然、巡礼者、参拝者も多い。



■四大仏跡
・ブッダ誕生の地、ルンビニ
・大悟の地、ブッダガヤ
・ブッダによる初転法輪(最初の説法)の地、サールナート、
・ブッダ入滅の地、クシナガル(80年の生涯を閉じた場所)

ブッダの生涯において重要な地とされ、仏教徒の重要な巡礼地とされている。
※仏教の聖地は他にも何ヵ所かある。

蓮池に浮かぶ仏陀の像
DSCF2438.jpg



そして、夜もここへ足を運んだ。


夜のマハーボーディ
DSCF2489.jpg
夜も夜でまた昼とは違った落ち着いた雰囲気を持つ。

菩提樹の下では、僧たちがお経をあげていた。
DSCF2500.jpg



イスラエルのエルサレムに行ったとき、あまり何も感じなかったのだが、ここに来たとき、なぜか気持ちがものすごく落ち着いた。
いつまでもここに留まっていたい気分になった。
僕は信仰心が深くないけれど、やはり自分は仏教徒なんだと自然に感じることができた場所だった。
仏教について、少しは勉強しないといけないな、という気になった。


翌日は、早朝から日本山妙法寺へ座禅をしに訪問。
DSCF2481.jpg

DSCF2480.jpg

毎日、朝5:00から座禅が行われるとのことだったが、一時間経っても、お坊さんは現れず。
これが本当の「寝坊」ってか?
ちょっとガッカリしたけれど、「どんなことにも惑わされずに静かに座禅せよ」、みたいなメッセージなのかと勝手に解釈し、自分で勝手に座禅しておいた。
DSCF2472.jpg




■噂!?

噂に過ぎないのかもしれないが、日本人の旅人の間で、こんな話が噂になっていた。
この菩提樹にオウム真理教の麻原が登り、引きずり下ろされたとか。
また、どこか他の地で、座ってはいけない神聖な場所に座ろうとし止められたという話も聞いた。

これらは、あくまで噂に過ぎないものかもしれないが、彼らがまだ日本で問題になる前にインドに修行に来ていたのは事実で、僕はその写真も見た。

まだまだ終わらないオウム真理教関係の裁判や、いまだ捕まらない容疑者、忌々しい事件の数々を、久々に思い出した。




ブログ村のランキングに参加しています。
クリックしていただくと、ポイントが加算されます。
よかったらクリックお願いします!
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://ryooz.blog116.fc2.com/tb.php/153-a88a12c0 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

原田 諒二                                     (はらだりょ-じ)

Author:原田 諒二 (はらだりょ-じ)
あの海の向こうには何があるんだろう?
どんな人たちがいるんだろう?
そんな単純な想いを胸に
いろんなものを見て
いろんな人と触れ合う旅の
真っ最中!!

2008年10月21日 世界一周出発

2009年9月28日 帰国

2015年1月2日 世界二周目に出発!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。