1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. メメント・モリ ~ガンガーノムコウ~
  4. インド » 
  5. メメント・モリ ~ガンガーノムコウ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

メメント・モリ ~ガンガーノムコウ~

R指定!!
※今回の記事には、かなりグロテスクな写真を載せています。
苦手な方は、この記事自体を見るのをやめてください。
見る方は自己責任で。



日食の衝撃は凄まじかった。

心を打たれ過ぎて、何も手につかないような放たれた感覚と、自分の体に宇宙のパワーが宿って、何でもできてしまうような開いた感覚が同居した不思議な感覚で、数日を過ごした。


その宇宙を浮遊しているかのような僕の心を「現実」へと着陸させたのは、聖なる河ガンガーだった。

早朝、ガンガーへボートで繰り出したときに、そこにあった光景が、僕を思いっきりリアルへと引き戻したのだ。


※今回の記事内の写真は、過激な内容のものがあります。
グロテスクで生々しいものなので、そういった類のものが苦手な方や、食前、食中、食後の方は、この先を読む、見るのを止めてください。



早朝のガンガー沿いは気持ちがいい。
DSCF1745.jpg
沐浴する人、じっと祈りを捧げる人、商売の準備を始める人…
1日が「始まる」という臭いがプンプンする。

ガンガーの向こうの空を見上げると、二日前に同じ時間帯に起きた日食の映像が蘇ってくる・・・。


ボートがガンガーへこぎ出される。
ガートの喧騒が遠ざかり、オールが立てる水の音に浸る。
DSCF1792.jpg

DSCF1810.jpg

DSCF1806.jpg
DSCF1807.jpg


メインガートを過ぎると、さらに静かになっていく。
火葬場の前を通る。
DSCF1849.jpg

先日、何本も上がっていた煙の柱は一本もなく、束の間の静寂を迎えているようだった。
ちょうど、一体の遺体がガンガーに浸されるところが見えた。
DSCF1841.jpg


今日もまたたくさんのヒトがかえっていくんだろうな…


次はガンガーの対岸へ渡ってもらう。

今日まで二週間弱、毎日眺めたガンガー。
そして、その対岸。
DSCF1898.jpg

ガート側の喧騒とは対照的な静寂。

しかし、ただの静寂ではない・・・

そこには、強烈なリアルが転がっていた。



誰かが見ている…。

DSCF1877.jpg

ナニヲミテイル?
DSCF1879.jpg

コチラヲミテイル?
DSCF1892.jpg

DSCF1883.jpg
いや、見ている先は火葬場か…

荼毘にふされなかった無念なのか・・・


何かが流されている・・・
DSCF1938.jpg

何かが流れついている・・・
DSCF1941.jpg

僕と同じ種類に属する生き物だろう・・・。

これも・・・
DSCF1928.jpg

これも・・・
DSCF1936.jpg


カレも・・・

DSCF1949.jpg

DSCF1950.jpg



何かが喰われている。
DSCF1946.jpg

あれもきっと、僕と同じ…

近くへ寄ってみる。
DSCF1953.jpg

DSCF1954.jpg

DSCF1966.jpg

DSCF1952.jpg

DSCF1965.jpg



争うことはない。
DSCF1970.jpg

食べるところならたくさんある・・・


完全に、藤原新也氏の「メメントモリ」の世界。
「死を想え」・・・か・・・。


そんな光景を見て、僕はまたただただ見つめ、淡々とカメラのシャッターを切った。

人間は、食い喰われる、ヒトというただの生き物であることを感じる。

自分と同種の、仲間の生き物であるヒトが、イヌによって喰われるのを、ただ呆然と見つめていた。



ガートに戻ると、たくさんの生きている“ヒト”が“水浴び”をしていた。
DSCF1990.jpg

DSCF1998.jpg

DSCF1999.jpg

DSCF2012.jpg

DSCF2005.jpg
それを、“ヒンドゥー教徒”の“沐浴”と、ここでは呼ぶことに気づいたとき、ボートと僕はいつもの世界に戻ってきた。

DSCF1995.jpg

ふぃ~~!!  

さっ、今日もチャイでも飲んでボーっとしよ~っと。




ブログ村のランキングに参加しています。
クリックしていただくと、ポイントが加算されます。
よかったらクリックお願いします!
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサーサイト

Comment

ありがとうございます!!

>ボンドさん
インド下痢はやばいっすね・・・
おむつほしかった(笑

対岸は世界が違いました。
こんな言い方したら罰当たりかもしれないけど、運がよかったのだと思います。

ブログはあともう少しで、現在地に追いつきます。
残りの更新数も少なくなってきました。

最後までがんばります!!

  • りょーじ [#-] |
  • URL |
  • 2009 09/19 (Sat) 03:24
きついな

俺は対岸行っていなかったから見てないけど、
すんごいことになってるんだね・・・。
貴重な画像を見させてもらったよ。
あまりにグロテスクで俺はたぶん行けない。
インドの下痢はマジやばいよね・・・。
俺も3年前行った時は、会社を2日間も休んだよ・・。
ブログの内容もアフリカ編以降、さらに充実
している感じなので、楽しみにしてるよ!

  • ボンド [#-] |
  • URL |
  • 2009 09/15 (Tue) 13:43
ありがとうございます!!

>江東区大島さん
ここはほんと、言葉が出なかったです。
なんか、言葉どうこうじゃない場所って感じでした。
対岸に行けば、いつもこのような光景があるわけではないようなので、見れたことは本当に貴重な体験となりました。

  • りょーじ [#-] |
  • URL |
  • 2009 09/14 (Mon) 17:26
No Title

かなりやばいね。

死と生が入り混じった光景に衝撃を受けました。

これから仕事ですが、心拍数上がってます。。。

  • 江東区大島 [#-] |
  • URL |
  • 2009 09/14 (Mon) 09:32
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://ryooz.blog116.fc2.com/tb.php/150-1bc8974e この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

原田 諒二                                     (はらだりょ-じ)

Author:原田 諒二 (はらだりょ-じ)
あの海の向こうには何があるんだろう?
どんな人たちがいるんだろう?
そんな単純な想いを胸に
いろんなものを見て
いろんな人と触れ合う旅の
真っ最中!!

2008年10月21日 世界一周出発

2009年9月28日 帰国

2015年1月2日 世界二周目に出発!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。