1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. デリースルーバナーラス 7月11日~12日
  4. インド » 
  5. デリースルーバナーラス 7月11日~12日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

デリースルーバナーラス 7月11日~12日

インド・デリーの空港に降り立った。


今までにすれ違った旅人たちが、ことあるごとに引き合いに出していた国、インド。

「二度と行きたくない」と言う人が多い国、インド。
「二度と行きたくない」と思ったのに、なぜかまた行きたくなってしまう人が多いという国、インド。

インドが好きなのかなんなのかわからないけど、長期滞在者、沈没者、リピーターが多い国、インド。

恐ろしくも不思議な独特の魅力で多くの旅人を惹き付けて離さない混沌の国。

インドに来ると何かが変わる。

僕の旅、最終章・アジア編のメインステージだ。



飛行機から降りると、香港以上の暑さと湿気を感じる。
首都の空港としては、今まで僕が行った国の中ではイエメン・サナアに次ぐクオリティの低さ。
現在・新しいターミナルが建設されてはいるようだが…。


「デリーに着くのが、夜なら、空港から出ないほうがいい。」
というのは、インドを旅する上での常識らしい。
多くの旅人がそう言うし、ガイドブックにもそう書いてある。
その理由は、デリーの空港から、安宿街に行くまでの間に、トラブルに巻き込まれる旅行者が後を立たないのだ。
よくある例としては、タクシー運転手に、勝手に旅行会社に連れて行かれ、高額のツアーを強引に申し込まされるというもの。
またインドでは、睡眠薬を飲まされ強盗されたり、誘拐されたりと、恐ろしい事件・事故が多い。
空港タクシーでさえ、信用できないと言われる。

旅の難関、アフリカ大陸を越え、ホッと一安心したかと思えば、また新たな強敵インドが目の前に立ちはだかる。
一難去って、また一難…。
って、旅のルートを決めてるのは自分か。
要するに、ドがつくMってことです。


さて、その恐ろしき言い伝えのため、20時に空港に着いたものの、僕は明日の昼までは空港にて、籠城作戦を取るつもりでいた。

ということで、得意の空港泊の準備を始めようとしたところ、二人組の日本人旅行者に声をかけられ、タクシーをシェアして安宿街まで行くことに。
よかったぁ。

そして、なんとか無事に宿を取れ、無事にインドの旅のスタートを切ることができた。


翌日、さっそくデリーの街に出てみる。
昨日は夜でよく見えなかった街を歩いてみる。
初めて見るインドの町並みだ。
DSCF1128.jpg

DSCF1150.jpg

DSCF1134.jpg

キレイではない。
でも、そこまで汚ないとも思わない。
確かに、首都にしては汚ないとは思うけど、まだそこまでの大きな衝撃を感じない。
東回りの長旅でいろんな国を見てきたせいで、感覚が摩耗してしまったのだろうか。
それとも、首都は他の都市と比べてまだ少し綺麗なほうなのだろうか…


メインバザール
DSCF1176.jpg

DSCF1167.jpg

DSCF1173.jpg



ニューデリー駅
DSCF1139.jpg

駅構内
DSCF1144.jpg
たくさんの人が列車街orここに住んでいる。



デリーには、まだ一泊しかしていないが、先を急ぐため、すぐに次の目的地への当日チケットを手配する。
満席だったがキャンセル待ちで、なんとかチケットを確保し、列車に乗り込む。
目的地はバラナシ。

ほぼ定時で列車は出発。


インドはバスより列車の旅がメジャーで、快適。
DSCF1201.jpg


しかし、とにかく盗難が多い。

また痴漢や強姦未遂の話も何度か聞いたことがある。
それも…男女問わず…。

要するに、ゲイが多いのだ。

僕は、今までの経験上、「ゲイにはモテる」自信があるので、かなり警戒した。

しかし、残念(!?)ながら、ゲイは来なかった…。


というわけで、バラナシに到着。

いよいよ本格的にインドに入っていく。



ブログ村のランキングに参加しています。
クリックしていただくと、ポイントが加算されます。
よかったらクリックお願いします!
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://ryooz.blog116.fc2.com/tb.php/145-3005516c この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

原田 諒二                                     (はらだりょ-じ)

Author:原田 諒二 (はらだりょ-じ)
あの海の向こうには何があるんだろう?
どんな人たちがいるんだろう?
そんな単純な想いを胸に
いろんなものを見て
いろんな人と触れ合う旅の
真っ最中!!

2008年10月21日 世界一周出発

2009年9月28日 帰国

2015年1月2日 世界二周目に出発!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。