1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. サハラ砂漠さらば。 5月13日
  4. モロッコ » 
  5. サハラ砂漠さらば。 5月13日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

サハラ砂漠さらば。 5月13日

この地で最後に見た夕陽は最高だった。
IMG_1190.jpg
砂漠で迎える最後の夕暮れで、初めて全く雲がかかっていない綺麗な夕陽が見れた。


砂漠の中では月や太陽、星の音が聴こえてきそうな気さえしてしまう・・・


夕日のあとの空の色、そして砂漠や人のシルエットも美しい。
IMG_2569.jpg

IMG_2570.jpg




砂漠の町にいた時間は、本当にゆっくりだった。
ゆっくりした時間の流れ。
朝起きて、ダラダラして、のんびりお昼ご飯を食べにいつものレストランに行って、そのままお茶して、頃合い見計らって、みんな日課の夕陽観測のために、砂丘に登る。

砂漠に入るとなぜかいつも無性に走りたくなる。
新雪に足跡をつけたくなるように、サラッサラの砂漠を駆け抜け足跡をつけまくった。

最後の日は綺麗な夕陽に感動したあまり、砂丘のてっぺんから転がり落ちてみた。
近くにいた人の飼い犬がじゃれてきて、ちょっと怖かった。
じゃれてきた、というよりも、明らかにボールと間違えられていた。

ボールみたいに転がるのをやめて立ち上がったら、ちょっと引き気味だった。


いつも、今日の夕陽は、あーだったこーだったと感想を言いながら砂丘を下り、暗くなり始めると月を探して、今日の月は、あーだこーだ言いながら宿に戻る。

あーだったこーだった夕日。
DSCF4375.jpg

DSCF4372.jpg
これも十分きれい。

んでもって、宿の日本食を食べて、満腹で幸福な時間を過ごし、ゆっくりしてると、眠くなってきちゃって、おやすみしてしまう。
そんなのーんびりな時を過ごした。

常に忙しい旅をしてきた中での、ちょっとした休み時間だった気がする。
サハラ砂漠、夕陽、満月、日本食、南米以来の偶然の再会と素晴らしい出会い…
贅沢過ぎる時間だった。

しかし、次に行かなくては。
砂漠の砂に足を取られて、後ろ髪を思いっきり引かれて、文字どおりものすごく辛い思いをしながらも、なんとか一歩を踏み出した。


この砂の感触はずっと忘れないだろうなぁ。


んなわけで、まだまだモロッコの旅は続く…。


ブログ村のランキングに参加しています。
クリックしていただくと、ポイントが加算されます。
よかったらクリックお願いします!
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://ryooz.blog116.fc2.com/tb.php/109-6b422bf4 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

原田 諒二                                     (はらだりょ-じ)

Author:原田 諒二 (はらだりょ-じ)
あの海の向こうには何があるんだろう?
どんな人たちがいるんだろう?
そんな単純な想いを胸に
いろんなものを見て
いろんな人と触れ合う旅の
真っ最中!!

2008年10月21日 世界一周出発

2009年9月28日 帰国

2015年1月2日 世界二周目に出発!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。