1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. BARCA!!  4月28日
  4. スペイン » 
  5. BARCA!!  4月28日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

BARCA!!  4月28日

スペイン、サッカー、えんじと青・・・


FCバルセロナ
1899年に創設された、リーガ・エスパニョーラに所属するサッカークラブ。
華麗なパスサッカーで世界中のファン魅了するヨーロッパ屈指のビッグクラブ。

カンプノウ
DSCF2917.jpg
FCバルセロナのホームスタジアム。
収容人数 を誇る、世界最大級のサッカースタジアム。

今年の決勝は、ローマで行われる。
DSCF2890.jpg
とりあえず記念撮影。

そして、この日はちょうど


WEFA チャンピオンズリーグ セミファイナル
DSCF2941.jpg

FCバルセロナ(スペイン) VS チェルシー(イングランド)
DSCF2895.jpg
バルセロナに到着したその日、カンプノウで、この試合が行われることは知っていた。
しかし、チケット予約もしてないし、どうせ高いだろうし、南米でサッカー観たし、ま、試合前のスタジアムの雰囲気だけ味わいに行くかと思い、一緒の宿にいた観る気マンマンの人たちに着いて行き、カンプノウへ来た。

そこへ、すかざずダフ屋登場。
「125ユーロ」
ん?聞いていたより格段に安いぞ・・・。
何人かの話では、7万円だとか4~5万円だとか、ハナのクソにもならんような話だったのだが・・・。
これなら払えない額ではない!?

しかし・・・おかしい。
すぐさま、僕らの思考回路は「安い=何かおかしい」に切り替わる。

確かにおかしい。
このダフ屋の顔も、出川哲郎みたいでおかしい。あやしい。いんちきくさい。リアクションでかい。もちろん、抱かれたくない。
そしてこの後、出川に偽チケット販売の容疑をかけた僕らは、出川をスタジアムの周りの至るところに連れまわし、本物のチケットかどうか確認を取ろうとする。
正規のチケット売り場2ヶ所、オフィシャルショップ、警備員のとこ、チケット売り場の裏にある事務所、などなど・・・
しかし、はっきり「それは絶対ホンモノ」と答える人はいなかった。。。
とりあえず100ユーロまで値切って、さらには、入場するときに、お前(出川)も一緒に立ち合えと迫る。
それでもいいという。強気であらゆる身分証明書を提示してくる出川。

もうここまできたら、賭けだ。
お金を捨てるつもりで、買うしかない。

そして購入。。。
入場開始までは2時間ほどあった。
ホンモノかどうか、本当に試合が観れるのかどうか、飯がノドを通らないくらい緊張していた。

が、ビュッフェに行って、迷わず大食い。

「腹が減っては戦はできぬ。」ってね。

その後、スタジアムに戻るときに乗った地下鉄内では、イングランドから駆けつけた、アウェイのチェルシーサポーターたちが「チェルシー!!チェルシー!!」と騒ぎ出す。
調子に乗って、電車の中から、降りてホームを歩くバルセロナの若い女性に声をかける。
女性は彼らの方を振り向き、笑顔で彼らに中指を立て、そのままさっそうと歩き続ける・・・。

火花バチバチ。
もうすでに戦いは始まっている・・・。

そして運命のとき。

果たして入場できるのか・・・

運命のチケット
DSCF2919.jpg

そして・・・

DSCF2921.jpg
アウェイのチェルシーの選手へのブーイング・・・
ホームのバルサの選手への大歓声・・・
チャンピオンズリーグのアンセム・・・
鳥肌立ちっぱなし・・・。



試合は、バルセロナが終始攻め続け、チェルシーは遅延行為など、ラフプレーを連発。
この試合はホーム&アウェイ方式で、第一戦がバルセロナのホームで、第二戦がチェルシーのホームで行われる。
チェルシーとしては、この試合は引き分けに持ち込み、第二戦、ホームでバルセロナを迎えられれば上出来。
そのため、防戦とラフプレーで、試合がなかなか動かない。
DSCF3007.jpg

バルセロナも再三惜しい場面は作るものの、得意のスピードのあるパスサッカーを展開できず、0-0で試合終了。
DSCF3011.jpg

DSCF2996.jpg


ホームでの引き分け、バルセロナとしては負けに等しい試合だった。
僕としても得点シーンを観れなかったのは、非常に残念だった。
しかし、チャンピオンズリーグ、しかも準決勝、世界に名だたるビッグクラブ同士の試合を生で観戦できたのは幸せだった。

南米・アルゼンチンで観たボカ・ジュニオルスの優勝決定戦に比べると、観客の人数ははるかに今日の試合の方が多かったが、ハチャメチャな盛り上がり度は、アルゼンチンの方が凄かった。
なんたって、アルゼンチンでは、常におしくらまんじゅうという名の激しいプレスを受け、常に将棋倒しという名のプレッシャーをかけられていたので・・・。
アルゼンチンでは、イスのないやりたい放題のサポーターの席のど真ん中での観戦で、今回の席はフィールドから遠かったからなのかもしれないが・・・。
それと、かなり驚いたのが、 万人収容のスタジアムはもちろん満員だったのだが、アウェイのチェルシーサポーターの席の少なさ。
バルササポーターの30分の1とか、40分の1くらいだろうと思う。
もともとチケットをあまり売らないらしい。
こりゃ、ホームとアウェイで、選手にかかるプレッシャーは相当違うなと感じた。
ここまでとは思わなかった。
本当にサポーターは12番目の選手だ・・・。

という具合に、ダフ屋で買ったチケットは、見事ホンモノで、無事にサッカー観戦ができた。

明日からは、バルセロナの市内観光をしま~す!!



ブログ村のランキングに参加しています。
よかったらクリックお願いします!
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://ryooz.blog116.fc2.com/tb.php/101-856af98c この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

原田 諒二                                     (はらだりょ-じ)

Author:原田 諒二 (はらだりょ-じ)
あの海の向こうには何があるんだろう?
どんな人たちがいるんだろう?
そんな単純な想いを胸に
いろんなものを見て
いろんな人と触れ合う旅の
真っ最中!!

2008年10月21日 世界一周出発

2009年9月28日 帰国

2015年1月2日 世界二周目に出発!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。