1. Top » 
  2. チリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

バルパライソ ~落書き天国~

南米では治安が良いと言われるチリ。
しかし、今日行くところは怖い印象を持っていた。
というのは、旅の途中で会った女性2人組の旅行者が襲われたと言っていたのが、この町なのだ。


バルパライソ
P1231487.jpg
サンチアゴに次ぐチリ第2の都市。
そして、チリ最大の港町。

ビーニャから9kmの隣町。
行きは海岸線をのんびり歩いて行った。
そして、そのまま坂道が交差し合うバルパライソの町中を散策。


アセンソール
P1231329.jpg
急な坂道が多いこの町では、「アセンソール」という短い木造のケーブルカーが、何箇所も通っており、一気に坂の上の丘に登ることができる。


アレグレの丘からの眺め
P1231426.jpg
高台から見下ろす海は、どこでも変わらずいいものです。


サンチアゴに次ぐ都市だが、町の雰囲気は全く違う。
洗練されたサンチアゴに比べ、レトロな雰囲気を持つバルパライソの町。
P1231345.jpg
2003年には一応、世界文化遺産に登録されている。
P1231343.jpg


バルパライソとは、「天国ようなの谷」という意味らしいが、どうやら普通の天国ではなさそうだ。
なんせ至る所に、落書きが・・・
P1231344.jpg
もはや、落書き天国だ。
P1231415.jpg
P1231409.jpg
ここまでくると芸術!?なのか、落書きエリアの一角は「青空美術館」と言われており、これもバルパライソの見どころの一つとなっている。
P1231408.jpg
落書き=スラムというイメージを持っていたし、さらには、落書きの絵自体もちょっと過激に見えるものが多いため、警戒しながら歩いた。


丘を下り、港に出ると、港には、多くの漁船や、貨物船、クルーズがひしめき合っていた。
P1231458.jpg
その中には、少し沖に出れる観光ボートもあり乗船することにした。
300円程度で、15分~20分。
途中、海軍の軍艦や、なんとトド(?)まで発見。
P1231516.jpg
こんなに港の近くまで・・・
いつぞや、日本で話題になったタマちゃんを彷彿とさせるポジショニング。

そんなこんなで、無事にバルパライソを歩き終え、電車で帰ってきました。
P1231545.jpg
海と夕日と2両編成・・・。
鎌倉の海と江ノ電を思い出した。


さぁて、そろそろ、次の進路を決めないと。
ここから北上して、誰もが絶景と口を揃える「雨期のウユニ塩湖」へ再アプローチか、ここから東へ進み、カーニバルへ向けて早期ブラジルINか・・・。

こりゃあまた、マヨいそうだぁ・・・。



■イースター島へ行かない!
イースター島。スペイン語でイスラ・デ・パスクア。地元民はパラヌイという。
南米を旅する旅人、世界一周する旅人の憧れの地、大人気イースター島。
そう、モアイの島である。

しかし僕はここへ行かない。
それを他の旅人に言うと、結構な確率で驚かれる。
旅に出る前から、なんとなく興味がなくて、旅中にいろんな旅人にすすめられても気持ちは変わらず。
人の意見に流されやすいのだが、なぜかイースター島については心が動かなかった。

これから、イースター島はベストシーズン。2月にはお祭りもある。
航空券代も値上がりし、島内は物価も高いという。(物価はもともと高い)
みな食料を買い込んで飛行機に乗って行く。
この島の見どころはもちろん島内に点在する、謎の遺産・モアイ像だが、行った旅人たちの話では、とにかく「人がいい、人があたたかい」とのこと。
行くと長居したくなってしまう島のようだ。

安い時期を狙えばサンチアゴから400ドル以下の往復航空券があるとか。
また、タヒチからの便も週に何便かあるという。

僕もいつか行きたくなる日が来るのだろうか・・・



ブログ村のランキングに参加しています。
よかったらクリックお願いします!
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーサイト

ビーニャ・デル・マル ~ビーチでビール×~

チリで楽しみだったのが、この町。


ビーニャ・デル・マル
P1211086.jpg
サンチアゴから120kmほど北西に位置する海岸沿いのリゾート都市。
サンチアゴからバスに乗ること2時間で到着。
町の中心地には大型商業施設や、高級マンションが建ち並ぶ。

ここまで洗練された場所だとは思っていなかった。
完全にビーチリゾート。

夏のこの時期のビーチは大賑わい。
家族連れ、ピチピチのねぇちゃん、ナンパ狙いの若者どもがウジャウジャ。
P1221293.jpg
俺も!!俺も!!と言わんばかりに海へと飛び込んだその瞬間、後悔・・・

ビーニャの海には、寒流が流れ込んできており、水温は低温・・・
思えば、みんな海水浴というよりは、波打ち際でパシャパシャ。
どちらかも言うと、海の雰囲気を楽しみにきている感じだった。

じゃあ、海といったらビール!!と思い、隠し持ってた缶ビールを取り出すと・・・
監視員がすかさず近づいてきて、「ダメよん」

チリでは、公衆の面前での飲酒が禁止されているとのこと。
なので、もはや砂浜と太陽で遊ぶしかなく、その結果、夕方頃には、太陽と相性の悪い僕の肌が、真っ赤になって怒り出していた。


チリといったら魚介、ワイン!!
サンチアゴでスネて食べなかった海産物。
ビーニャでは食べましたよ~!!

まずは、朝の市場へ朝イチでGO~!!
P1211152.jpg
船をそのまま屋台の代わりにして、日本の「セリ」のような声を上げて魚を販売。
(セリほどは、うるさくなかったけど・・・)
P1211139.jpg
屋台を構えて売るゾーンもあり、ここではムール貝やホタテ、エビなども販売していた。
P1211163.jpg
長い海岸線を国土に持つチリ。
さすがに魚介類は安かった。
そして、当然のように、めちゃくちゃ魚臭かった。

1キロ2500ペソ(約400円)の鮭を購入!
P1211166.jpg
そして、宿に戻り、ベテランおじさん旅行者さんに教えを請い、さばいた。
P1211205.jpg
正直言うと、自ら魚をさばききったわけではありません。
僕は完全に洗い物リーダーでした。



昼めし
P1211220.jpg
サーモン・アボガド丼(サーモンは刺身&半焼き)

間食
P1221222.jpg
しゃけおにぎり

夜めし
P1221298.jpg
寿司&サーモン丼 そしてムール貝とホタテ。

三食鮭三昧!!
味ももちろん美味!!
なんてったって、海産物が有名なプエルト・モンで獲れた鮭ですからね。



アルゼンチンでは肉三昧、チリでは魚三昧の自炊天国。
そして、両国共通で安い、ワインを嗜み、飲食生活満喫!


そんな感じで、お腹いっぱいになったところで、明日は世界遺産でも見に行きます!!


ブログ村のランキングに参加しています。
よかったらクリックお願いします!
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

サンチアゴ ~ポリューションをソリューションしないと!~

プンタ・アレーナスから、またまた丸2日のバス移動で、無事パタゴニアを抜け、チリの首都サンチアゴまで北上。
今まではパタゴニアにいるっていう感覚だったけれど、やっと、チリにいるという実感が湧いてきた。


チリに対するイメージ
・海産物と赤ワインが安い
・イースター島を国土に持つ
・国土が極端に縦長

サンチアゴに来て・・・

チリの第一印象
・魚とワインが安い
・スーパーが多い
・意外に物価が高くない
・ふくよかな女性が多い気がする



サンチアゴ
P1201021.jpg
人口550万人の大都市。
山に囲まれた盆地にある大都市のため、スモッグが停滞してしまうという悩みを持つ。
実際、上の写真でも奥の山が霞んでいるのは、スモッグの影響によるもの。

パタゴニアと同じ夏とはいえ、やはり赤道に近づいた分、サンチアゴは暑い!
そして、やはり大都市だけあって店の種類も店舗数が多く、物が溢れている。


過ごしやすいけど退屈な大都市をとりあえず散策


アルマス広場
P1200954.jpg
旧市街の中心にある、緑が多いサンチアゴのアルマス広場。
市庁舎や博物館に囲まれ、たくさんの人々が集う。


カテドラル
P1200917.jpg
アルマス広場に面したカテドラル。
いつもは、宗教的なことがわからず、なんとなく場違いな感じがするから、あまり入ることがない教会に久々に入ってみた。
P1200920.jpg
豪華で広い教会内。
首都のカテドラルだけあって、訪れる人の数も非常に多かった。
チリ人はカトリックの信仰心が強い人が多いという。
確かに平日の昼間であるのに、ものすごい数の人々が祈りに来ていた。
社会の教科書に登場する、皆さんご存知の人気者フランシスコ・ザビエルの木像もあった。


モネダ宮殿
P1200961.jpg
1973年に起こった、当時の社会主義政権に対してのクーデターの中心地。
当時は、空爆を受けたが、現在は修復され、大統領府になっている。
が、地下室や抜け道などがあり、要塞になっているという噂もあるらしい。


中央市場
P1200903.jpg
待ってました!!
チリの海産物!!
魚を売っているすぐ横に、簡易な食堂としつこい客引きがいて、海産物をメインとした料理を安く食べることができる。
それだけでなく、この市場内には、ちょっと雰囲気のいいレストランまである。
P1200911.jpg
ワインと共にコース料理が出てきそうなテーブル。
そして、生演奏まで披露されていた。
いままで見てきたメルカド(市場)にはない、少し気取った雰囲気だった。
そして、待ってました!海鮮料理!!
と、言いつつも・・・
食べずに帰ってきましたぁ!
だって、客引きのオヤジが、あからさまに高い値段でふっかけてくるんだもの。
ちょっと興冷めしてしまった。


サンタ・ルシアの丘
P1200976.jpg
トボトボと町を歩いていて、たまたま見つけた緑に囲まれたお城みたいな小さな丘。
かつては要塞だったというが、今は、綺麗な結婚式場のよう。
イチャつくカップルを横目に、頂上まで登っていくと、サンチアゴ市街が一望できる。
(このページ最上部のサンチアゴの画像は、サンタルチアの丘からの景色)

が、色のない建物、スモッグのかかったアンデスの山々、という面白みのない景色。
景色はたいしてよくないが、頂上に辿り着くまでの道は、森に隠れた古城を探っているようでワクワクした。
P1201031.jpg


スモッグ、スモッグと汚そうなイメージを持たれてしまうサンチアゴだが、街中には緑が多い。
中心地にはデパートが並び、小奇麗な感じだった。
P1200959.jpg


ただ、やはり都会は僕にとって、あまりおもしろみがないので、1泊で次の町へ経つことにした。



ブログ村のランキングに参加しています。
よかったらクリックお願いします!
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

プンタアレーナス ~マゼラン海峡夏景色~

こんなはずじゃなかった。
もっと早く脱出できる計画だった。
この果てしなき大自然、パタゴニアから・・・

ん?っていうか、そもそもパタゴニアって何?
国ではないし、都市名でもない・・・。
ちょっと、先日、ヤホーで調べてみました。それによると・・・
1520年、マゼランが、現在のアルゼンチン、チリ南部を旅した際に、そこに住んでいた先住民を、パタゴン族と名づけた。
パタはPata(足)、ゴンはGon(大きい)という意味。
そして、パタゴン族が住む土地という意味で、パタゴニアという地名がついた。
実際には、本当にパタゴン族が大足だったわけではなく、グアナコ(リャマやアルパカに似ている)の毛皮でつくった大きなブーツを履いていたので、大きく見えたと言われている。


そんなパタゴニアを抜け、チリのサンチアゴを目指した僕だったが、途中の町で足止めを食らう。
北上するバスが曜日による運行で、次のバスが3日後・・・。
高速パッカーの僕に、このロスは痛い・・・と思いつつも、予想外の出来事は、旅の醍醐味!!
のんびりバスを待ちます。


プンタ・アレーナス
P1150782.jpg
マゼラン海峡に面した南部パタゴニア最大の町。
と言っても、観光スポットのスケールの差からか、カラファテ、ウシュアイアの方が、活気がある印象。

この町で有名なのは、ペンギン営巣地へのツアー。
約300羽のペンギンの群れを見ることができるツアーだ。
が、この地で唯一とも言えるその見どころへは行かず。
内容と値段が割りに合わないというシビアな理由で・・・


プンタ・アレーナスは1520年のマゼランによるマゼラン海峡発見により、1914年のパナマ運河開通まで、繁栄した。


マゼラン海峡
P1150758.jpg
1520年にマゼランが発見し、初めて太平洋と大西洋を結ぶ航路となった。
ウシュアイアへ出入りするために通ったマゼラン海峡。
フェリーで渡った際、イルカだかシャチだか、わからないが、フェリーと並走しながらジャンプを見せてくれた。写真には撮れず・・・


桟橋にペンギン!?
P1150766.jpg
と思いきや、白黒の鳥の群れだった・・・
こんなとこにいるわけないか。
でも、ペンギン見たくらいの気分になっておいた。


町を見晴らせる展望ポイントへ行くと、世界の都市への距離が看板になっていた。
ソウル、北京・・・
P1150784.jpg
日本の都市は、なぜか東京でなく大阪。
なんでやねん!!


プンタアレーナスでは、フツーのホステルに宿泊。
THE BLUE HOUSE
P1170822.jpg
青い。まんまやん!!
1泊5000ペソ(1ドル=約620ペソ)
日本人宿以外に長居することはあまりなかったから、ちょっと新鮮。
日本人旅行者がおらず、自然といろんな国の人と触れ合う機会が多かった。
イギリス人のおじさんが毎日、ゆっくり簡単な言葉を選んで、根気よく話をしてくれ、できないながらも、英語を使う気持ちよさを久々に体感。
英語が話せれば、もっと旅は楽しくなるんだろうなぁ~。
再会の約束をしたので、英語の勉強は、それまでの宿題。
英語もっとがんばる宣言します!!


そんな感じでダラダラとバスを待っている今。
ネタも特にないので、寂しい更新でした。
次はサンチアゴからの更新になる予定です。


■南極クルーズ激安!!
パタゴニア地方に来ると、ウシュアイアから南極へ向かう旅行者も多い。
しかし、南極ツアーは高い!!
なんせ豪華客船でのクルーズですからね。
10~12日くらいのクルーズで、安くても30万円から。
グレードの高いものだと、普通に300万とかするらしい。

しかし、今年は不況のため破格になっているという。
上野山荘の綾子さんでも、今年は考えられないくらい安くなっていると言うほど。
旅人の中で話題になっていたのは、ブエノスアイレス発のもの。
ブエノスアイレスから大西洋側を下り、ウシュアイアを経由し、南極の近くも寄り、太平洋側をチリのバルパライソまで北上する豪華客船17日間のクルーズが10万ちょっとという話。
なんでも80%オフだとか・・・
まさにウルトラプライスセールですよ。

豪華客船ってどんなもんかって?
乗客は2000人くらいで、船内施設は、カジノ、プール、レストラン、バー、映画館、エステが、船内に数箇所・・・
食事は24時間いつでも食べれるビュッフェがあるという。
さらには、船内で様々なショーが毎日開催されるという・・・。
(あくまでこれから乗船予定の旅人から聞いた話ですが・・・)

憧れるなぁ~タイタニックみたいな豪華客船の旅・・・
沈没はしなくてもいいけど。
10万ちょいなんて普通に手が届く・・・
でも、今回は妄想クルーズだけにしときます。

来年からはまた上がっちゃうんだろうけど、いつかおしゃれして行ってみたい。。。
みんなで金持ちになっていこ~う!!


ブログ村のランキングに参加しています。
よかったらクリックお願いします!
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

Page Top

プロフィール

原田 諒二                                     (はらだりょ-じ)

Author:原田 諒二 (はらだりょ-じ)
あの海の向こうには何があるんだろう?
どんな人たちがいるんだろう?
そんな単純な想いを胸に
いろんなものを見て
いろんな人と触れ合う旅の
真っ最中!!

2008年10月21日 世界一周出発

2009年9月28日 帰国

2015年1月2日 世界二周目に出発!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。