1. Top » 
  2. サファリ(エトーシャ国立公園)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

はじめてのサファリ

アフリカといえばサファリ。
そう言う旅人も多い。
しかし、僕はサファリには興味がなく前回の旅では、
行くことを考えもしなかった。

今回、はじめてサファリをした。
ナミビアとボツワナで合計3回。
正直なところ、やはり楽しかった。




エトーシャ国立公園(ナミビア)

広大な国立公園の中を、レンタカーで動物を探しながら走り、キャンプをし、近くの水場に来る動物たちを見た。



キャンプサイトの近くにある水場に野生動物たちが水を求めて広大な大地から姿を現す。

IMG_5452.jpg


IMG_5753.jpg


ぞう
IMG_5481.jpg

IMG_5499.jpg

IMG_5507.jpg


キリン

IMG_5654.jpg



車を走らせ、普通の日常を送る動物たちを間近で見ることもできた。


キリン
IMG_5417.jpg



シマウマ
IMG_5748.jpg

IMG_5412.jpg



これなんだっけな
IMG_5739.jpg

いい雰囲気出してる動物なんだけど・・・
IMG_5719.jpg

わからん。



インパラの群れVSメスのライオン
IMG_5777.jpg
インパラの緊張感はすごい。
けど、止まって見つめて緊張するヒマがあったら、早く逃げればいいのに。

インパラさんには申し訳ないが“残念ながら”狩りは始まらなかった。




エトーシャでは夕日と動物たちの水飲み場を見た瞬間が神秘的で、「アフリカ的」だった。
動物たちの足音、水を飲む音、息づかい、泣き声まで聴こえ、
感情までわかるかのような感覚だった。
IMG_5553.jpg


IMG_5589.jpg


IMG_5677.jpg

象の水飲みが終わるまで隠れていた臆病なキリン。
一匹が驚いて走ると、群れ全体が入って逃げるインパラ、
動物たちも順番待ちや序列があるようだった。
水飲み場に辿り着き、水を飲む時間は、大切な至福の時間帯なのだろうと思う。
それをアフリカの野生の大地をバックに、ベンチに座りながら眺める僕らも、
至福の時間を過ごさせてもらった。





ナミビア周遊(エトーシャ国立公園 5.23~24)


朝焼けに染まる水場
IMG_5708.jpg


スポンサーサイト

Page Top

プロフィール

原田 諒二                                     (はらだりょ-じ)

Author:原田 諒二 (はらだりょ-じ)
あの海の向こうには何があるんだろう?
どんな人たちがいるんだろう?
そんな単純な想いを胸に
いろんなものを見て
いろんな人と触れ合う旅の
真っ最中!!

2008年10月21日 世界一周出発

2009年9月28日 帰国

2015年1月2日 世界二周目に出発!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。