1. Top » 
  2. リマ~ラパス 2015

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

懐かしさと新発見

1ヶ月のアマゾンの旅が終わり、ペルーリマへ。
そしてチチカカ湖の町を経由して一気にボリビアのラパスへ。

リマは前回の旅のとき、南米で初めて訪れた町。
ここもやはり懐かしい。
前回泊まった宿は今はもう営業していなくて、その3軒ほど隣にある宿に泊まった。

当時は、ガイドブックに書いてある建物を一個でも多く見ようと、
やたらと街を歩き回ったことを、ここで初めて思い出す。
今回は、宿のまわりしか歩き回らなかった。
今振り返ると、前回の旅は、観光地をひとつひとつ「クリアしていく」ように旅をしていたと思う。
それが気持ちよかったし、旅の中での自信になっていたんだと思う。
今回は本当に観たいものだけ、本当に食べたいものだけ、ゆっくりと、そして隙(金)あらば繰り返し・・・。


リマからラパスへ向かう際に寄ったチチカカ湖、湖畔の町。
以前に泊まった宿はそのままご健在。
IMG_2203.jpg
右奥に見える建物で、天守閣のような部屋に泊まった。


ラパス。
改めて、実在する町とは思えないような・・・映画とか漫画とかの世界に出てきそうな、「すり鉢状の町」。
すり鉢のフチの部分に泥棒市があり、すり鉢の底・・・いわゆる中心に向かうほど都会になっていく、
標高3600m、町全体、坂道だ(ら)けの大都会。
高地に慣れていても、坂道ばかりで息が上がる町。
DSCF0323.jpg
写真は前回の旅の時のもの


こんな息が苦しい町に長居することになるとは・・・

その理由は、いまだに残るアマゾンの爪痕・・・。

彼女がアマゾンで虫にさされた部分が腫れ上がり入院。
病名は「蜂窩織炎」。

僕も再び、重度の皮膚炎の発症。
人生初のステロイド注射と内服の開始・・・




そんな中でも新発見と再発見があり・・・
日曜のラパスは平日の渋滞が嘘のように車がまったく走っておらず、とても閑静でのんびりしていること。
あの常に渋滞している車道を堂々と歩けるのは気持ちがいい。休日の銀座気分。
IMG_2440.jpg

IMG_2406.jpg



あとは、ボリビア人をどうしても好きになれないことを再確認。(前回の旅では盗難に遭った国)
サービスの悪さ、笑顔のなさ、手癖の悪さ(宿で食糧の盗難に遭った)・・・


街を歩くとやはり懐かしさを感じる場所もあり、記憶と違っていることに驚く場所もある。

かつて刑務所ツアーで入った刑務所はいまだに健在。
IMG_2322.jpg
ここを舞台にした洋書が発売されており、当時は、その後映画が作成されると聞いていたが、未だ作品化されていないようだ。


そこに立って初めて蘇る記憶もあれば、知らなかった一面を発見したり、昔とは変わっていることに驚く場所もある。
時が経てば経つほど、長くいればいるほど、街は違ったものに映る。
先を急いで1泊しかしない町もあるし、なんとなくゆっくりすることもあれば、バス待ち、ビザ待ち、病気などで足止めを喰らいしぶしぶ長居する町もある。
そんなときの発見もまた旅の楽しさ。

こんな裏路地も今回初めて通った。
hihi.jpg



ペルー・リマ~ボリビア・ラパス 3.21~4.2
スポンサーサイト

Page Top

プロフィール

原田 諒二                                     (はらだりょ-じ)

Author:原田 諒二 (はらだりょ-じ)
あの海の向こうには何があるんだろう?
どんな人たちがいるんだろう?
そんな単純な想いを胸に
いろんなものを見て
いろんな人と触れ合う旅の
真っ最中!!

2008年10月21日 世界一周出発

2009年9月28日 帰国

2015年1月2日 世界二周目に出発!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。