1. Top » 
  2. エジプト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

ダハブでダイブ、ダイジョウブ?

翌日からオープンウォーターのダイビングコースがスタート!

人生初ダイビング!

※ダイビング講習中は写真を撮れなかったので、文章中心の記事になります。
P3210009.jpg
器材をチェックしていざダイビング。

紅海は透明度が世界一とも言われる、ダイビングの聖地の1つ。
(ちなみに日本の沖縄も世界有数のダイビングスポット)
とは言うけれども、最初はまだ何もできないヒヨコちゃんなので、珊瑚のあるところなんて行けない。

というわけで、最初はスキルの練習をした。
スキルとは、水中で何かトラブルが発生した場合の対処のこと。

一例をあげると・・・
・マスクに水が入ったとき
・タンクの空気がなくなってしまったとき
・器材が故障してしまったとき
・一緒に潜っている仲間に異変が起きたとき

まず、インストラクターさんが手本を見せてくれて、その後、講習生が1人ずつ実技を行う。
海に潜る前に陸で軽く練習していくのだが、水中でやると、うまくできないこともよくあって、なかなか難しくて面白い。

オープンウォーターのコースは自分を含めて4人でスタートした。
そのため、他の人が実技を水底(6m~9m)でじっと待つ。
これが、かなり寒い。
やることといえば、呼吸くらい。

ダイビングはゆっくり大きく呼吸するのが基本。
待ちながら大きく呼吸をしていると、ものすごく時間がゆっくりに感じる。
そして、空気って美味しい、空気ってありがたい、肺は年中無休でよく頑張ってくれてるな、とかしみじみ思ったりする。

スキルの練習のほかには、「ホバーリング」という、水中で動きを止めても、沈みもせず浮上もしない状態を保つ練習をした。
これができないと、沈んで珊瑚に触れて傷つけてしまったり、早く浮上してしまい、急な圧力の変化が原因で起こる病気になってしまうからだ。
最初はこれがなかなか難しい。
ちょうどいいさじ加減がわからず、動いちゃいけないのにジタバタして注意される。

それでも、回数を潜るうちに形にはなってきた。
ダイビングは浮力調節ができると楽しい!

さて、ライセンスというだけあって、やはり実技だけというわけにはいかず、ちゃあんと机に向かったお勉強もある。

毎日、朝起きて、海に潜って、テスト勉強。
そしてまた遅れるブログの更新(笑)

ダイビング講習中は、ちょっと部活みたいで楽しかった。
ちなみにダイビング講習は結構リタイアする人も多いらしい。
理由は、水への恐怖感や、スキルがうまくできないなど。

僕はなんとか、筆記テストをパスし、オープンウォーターのライセンス取得を祝してブラジル以来1ヶ月ぶりのお酒を飲んだ。

次の日から始まったアドバンスの講習では、あまり難しいことはなく、ダハブのダイビングスポットで何本か潜り、難なくアドバンスのライセンスを取得!
P3210010.jpg
水中での「了解」を表すサイン。


今まで興味も縁もなかったスキューバダイビング。
今回はこれも何かの縁と思いやってみた。

海の中は、陸の上とは別世界。
目の前を横切る鮮やかな魚たち、岩壁に張り付く様々な形の珊瑚、珊瑚から噴き出す無数の泡、岩の間の陰の神秘、底の見えない深い青、透明な海から見上げる太陽・・・

見たことのない魚も、テレビや水族館で見たことのある魚も、“今、自分で見ている”という喜び。
これがダイビングの醍醐味だろう。
やっぱり何でも体感すること、「現場」が素晴らしいんだなと感じた。

そんなこんなで旅日記というより、ダイビング日記になってしまったけれど、無事にライセンスを取得し、やっとブログの更新を再スタートさせたのでした。



ブログ村のランキングに参加しています。
よかったらクリックお願いします!
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーサイト

エジプト ~噂のダハブ~

当初、エジプトには行く予定はなかった。
大学の卒業旅行でカイロにピラミッドを観に行ったことがあったからだ。
もちろん、エジプトには他にも砂漠や遺跡が数多くあるのだが、中東の他の国をたくさん見たかったので、行かないと決めていた。

しかし、これまでに会った多くの旅人たちが、口々にダハブがよかったと言っていたため、行くことを決めていた。

アンマンから南下し、ヨルダン最南端のアカバという町からフェリーに乗り、紅海を渡る。
そして、エジプトのヌエバから、バスでダハブへ。

1日でダハブに到着。
P3283974.jpg
ついに、噂のダハブに来た。
P3223917.jpg
想像していた町とは全然違ったダハブの町。
ものすごく整然としていて美しいビーチリゾート。

バックパッカーに評判の地は、だいたいもっとゴチャゴチャしていたり、逆に何もない落ち着いた場所だったりするのだが・・・

青々とした海がありーの、
P3223914.jpg


オシャレ~なレストランがありーの、
P3294067.jpg
P3294076.jpg

小奇麗なお土産屋がありーので、
P3203876.jpg

想像と違ったダハブにちょっと困惑。
落ち着かない感じさえした。
しかし、世界の名立たるビーチリゾートに比べ、物価は安く、貧乏バックパッカーでもリゾートを気分を味わえる場所という意味では、ありがたいところだ。


ダハブをすすめてくれた旅人たちの話では、ダハブはスキューバダイビングのライセンスを、非常に安い価格で取れるということで、実際、ダハブに行ってきたという旅人の多くがライセンスを取得していた。(アドバンスまで世界一安く取れるとの噂も。)
僕は、ダイビングには興味はなかったから、ダハブに行ってから、そのときの流れで決めようと考えていた。

で、取る流れになった。

ダハブにはダイビングセンターが軒を連ねている。
宿とダイビングセンターの両方を兼ねているところも多く、ここの宿も、噂に聞いていた宿に決めた。

セブンへブン
P3223910.jpg
P3223912.jpg


日本人インストラクターが常駐しており、日本語でダイビング講習が受けられる。(2009年3月現在)
ここに宿泊し、ダイビングを習う。


僕が取るライセンスの種類は、「オープンウォーター」と、「アドバンス」というもの。

オープンウォーター・・・18mまで潜ることができる。ダイビングのパスポートのようなもの。
アドバンス・・・30mで潜ることができる。

日程は5日間。
バックパッカーが多く集まるところだけに、日程調整をしてくれる。

早速、翌日からダイビングの日々が始まる。


ブログ村のランキングに参加しています。
よかったらクリックお願いします!
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

Page Top

プロフィール

原田 諒二                                     (はらだりょ-じ)

Author:原田 諒二 (はらだりょ-じ)
あの海の向こうには何があるんだろう?
どんな人たちがいるんだろう?
そんな単純な想いを胸に
いろんなものを見て
いろんな人と触れ合う旅の
真っ最中!!

2008年10月21日 世界一周出発

2009年9月28日 帰国

2015年1月2日 世界二周目に出発!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。